home > 投稿 > > フォースウォーン編3 ~フォースウォーンの陰謀~

フォースウォーン編3 ~フォースウォーンの陰謀~

 
 俺の名前はサルモール……違う! ラムリーザ!!
 
 はぁ、ちと疲れているな……しょうがないか。
 とにかくこのマルカルスに来てからというもの、何が何だかわからない。
 とりあえず、いつの間にか持っていたノートに書かれていた「タロスの祠で会ってくれ」ということで、タロスの祠に向かうことにした。
 

 タロスの祠かぁ、誰も居ないな……
 
エルトリス「マルカルスの問題に巻き込んで悪いが、市場での攻撃以後、時間の余裕があまり無いんだ」
ラムリーザ「あうわっ、びっくりした!」
エルトリス「お前はよそ者だし、やれるだろう」
 
 市場で大騒ぎした男はフォースウォーンの使者なのだが、衛兵は何もしなかった。
(一応退治して)散らかったものを片付けただけ……
 そしてこれが何年も続いている。その間、殺人と流血が繰り返されていると――
 マルグレットって人が襲われたのか、ウェイリンとフォースウォーンの陰には誰が居るのかを探って欲しいそうだ。
 
 サルモールの手伝いをしたのにこっちの手伝いをしないでは、いよいよサルモールなのでここは探ってみますか。
 
 
 あ――
 リセッテさんに早く帰ってくるよう言われてたな……
 
 ちゃっちゃと調査して帰りますか。
 こんな街に長居したくないしなっ!
 
 
 とりあえず、マルグレットって人から始めよう。
 
エルトリス「彼女はマルカルスの生まれじゃない。街を訪れる者は普通、シルバーブラッドに泊まる」
 
 シルバーブラッドね。
 宿屋ね。
 日帰りの予定だったけど、どうやら無理っぽいし、部屋を借りておくかな。
 
エルトリス「何か分かったらここに戻ってきて報告してくれ」
ラムリーザ「りょ~かいっ」
 
 
 …………
 
 

 ……亭主と女将さん口喧嘩してらw
 まぁ、俺の知ったことではないw
 
ラムリーザ「マルグレットという女性が泊まってなかったかな?」
クレップル「ああいるよ、うちで一番いい部屋を丸一ヶ月貸した」
ラムリーザ「もう空いているだろ、今夜は俺が借りるよ」
クレップル「まぁ、もうマルグレットはいないから文句は言わないはずだな。いいだろう」
 
 

 石のベッドだとー?
 こんなところで寝れるかい!
 
ラムリーザ「おふとん! やわらかい敷布団追加してくれ!」
クレップル「布団の追加は別料金だ」
ラムリーザ「…………」
 
 
 なんか失敗したな……
 
 
 まあよい!
 
 
 ここを拠点に調査進めますか!
 
 マルグレットが泊まっていたんだ。
 何か手がかりになるようなものが残っているかもしれないしな。
 
 

 日記があった。
 トレジャーハウスで会うのか。
 ソーナー・シルバーブラッド?
 宿屋の名前と同じだな……
 
 将軍の名前とかストームクローク支持者とか、なんかグログロしたものが裏にありそうな。
 情報分析能力が高くて賢いブレリナさんか、交渉が上手なリセッテさんが居てくれたらなぁ……
 俺一人で謎解きできるのだろうか?
 
 
 …………
 
 
♪乾杯をしよう、若さと過去に――
 
 おや?
 侵略の時代だ。
 

 吟遊詩人のオグマンドさんかぁ。
 し、渋い声だな……
 俺もこんな風に歌えるようになればいいなーっ。
 
 いや、なってやるっ。
 そしてリセッテさんとデュエットするんだっ。
 
 
 ……あれ?
 
 
 オグマンド、と言えば……
 
 

 

オンドルマール「おお、手に入ったのか。これでオグマンドも終わりだな」
 

 
 
 なんてこったい!
 
 俺も吟遊詩人の端くれ、その仲間を売るなんて……
 

 (凄まじい自己嫌悪中w)
オグマンド「どうしたエルフの兄ちゃん、一杯飲んで行けよ」
ラムリーザ「(す、すまん……、俺はなんて酷いやつなんだ……)」
 
 
 なぁ?
 たかが信仰がどうこうで人を粛清するなんておかしいよな?
 
 今更俺が言った所で何にもならないのは分かっているけどな。
 
 
 
 どうしてこうなった!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記