home > 投稿 > > 吟遊詩人大学の日々1 ~ラムリーザ、オンステージ~

吟遊詩人大学の日々1 ~ラムリーザ、オンステージ~

 
 俺の名前はラムリーザ、いろいろ肩書きはあるが吟遊詩人大学生でもある。
 
 
 元々この大学に入ろうと思ったのは、リセッテさんに「赤のラグナル」を聞かせて、「どやっ」をしたかったんだけど、俺はリュートの弾き方など知らない……
 だから、いきなりリュート弾けるようになって驚かせようって魂胆もあったんだけど、オラフ王の焚刑祭でリセッテさんと一緒した時に、あっさりと見破られてしまった(^^;
 まぁ、そのことがきっかけでリュートも教えてもらえることになったのだから、それはそれでOK。
 
 

 というわけで、とりあえず吟遊詩人大学で授業は受けている。
 
パンテア「あなた達に必要なのは気迫なの。それさえあれば、どんな歌も一流の作品になるわ」
 
 歌は気迫ね、覚えておこう。
 そうさなぁ、リセッテさんの歌、「ウルフリックに死を!」ってすごい気迫なんだもんなぁ。
 なるほどなるほどためになりますな。
 
パンテア「さあ、続けてアタフ」

♪かつての英雄赤のラグナル――
 
 おおっ、赤のラグナル。
 俺もこれをマスターしてやるぜっ。
 
パンテア「だいぶ上手になったわ、アタフ。でも、”ラグナル”と”赤”の部分をちょっと強調した方がいいわね」
 
パンテア「さて、次はラムリーザ。あなたもやってごらん」
ラムリーザ「待ってました!」

 ラムリーザ、オンステージ!
 
パンテア「うーん、もっと練習しなくちゃ。あと、発声練習も忘れないでね」
ラムリーザ「はい(^^;」
パンテア「あと、椅子の上に立たなくてもいいから」
みんな「(笑)」
 
 ……(。-`ω´-)
 
 ………
 ……
 …
 
 はぁ。
 
 音楽もなかなか大変じゃねーか、一筋縄ではいかないぞ?
 いつになったらリセッテさんに披露できるようになるんだろう……
 
リセッテ「こんにちは、音楽の勉強は順調かしら?」
ラムリーザ「……う~ん、なかなか思うようには行かないんだよな」
リセッテ「そう?聞いてあげるから弾いてみて」

♪ぽろろんろん
 
リセッテ「ただ淡々と弾くより、強弱とかつけてみたらもっとよくなるわよ」

 このようにね。
 
ラムリーザ「こうかな?」
リセッテ「ええ、その調子、よくなってきたわよ」
 
 ……これだったらわざわざ大学に入る必要も無かった気がするなぁw
 パンテア先生の授業よりもよっぽど分かりやすいよ。
 
リセッテ「じゃあ、私は仕事に戻るわね」
ラムリーザ「後でまた飲みに行くよ」
 
 
 ………
 ……
 …
 
 
パンテア「さて、ラムリーザ。少しは上達したかしら?」
ラムリーザ「へっへっへっ、リセッテさんのお墨付きだぜっ」

 ラムリーザ、オンステージ!アゲイン!
 
♪かもえびばでー!くらっぷはーん!おーゆるっきんぐーっ!あごのしまっそーん!
♪いうぉーてーろーっ!うぃごなどぅーつうぃすてーごーすたーでぃーす!!
 
 どやっ!
 

みんな「…………」
 
 ……反応悪いな(。-`ω´-)
 やっぱりダメかぁ……
 
 
 ………
 ……
 …
 
 

リセッテ「こんばんは、どうだったかしら?」
ラムリーザ「……なんか呆れられた感じだったけどなぁ」
リセッテ「変ねぇ、そこまで悪くないと思うんだけど……」
 
 
 腕が悪いのではなく、「オンステージ」が悪いのだということに気が付かない二人であったw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記