home > 投稿 > > サブストーリー6 ~ヴォルスキーグのパズルと仮面~

サブストーリー6 ~ヴォルスキーグのパズルと仮面~

 
 俺の名前はラムリーザ、今ヴォルスキーグの遺跡に来ている。
 ここの場所は、ずっと前に帝国軍の本営で控えていた兵士に聞いていたのである。
 行ってみよう行ってみようと思いながら、なかなか行けずにいたんだけど、ちょっと気が向いたし時間もあるし、寄ってみることにしましーたっ。

 さて、遺跡となれば山賊とかゾンビとかはお馴染みなんだけど、ここにはちょっと違った趣向のものがあったりする。
 
 

 これは何だろう?
 正面の門は閉じたままで開きそうにない。
 部屋の角にはそれぞれ動物をモチーフにしたハンドルが……
 
 そして意味ありげな本が――

1人目はすべてを恐れ
2人目は誰も恐れない
3人目は食べられるものを食べ、1人目を好む。
4人目は2人目を恐れるが、1人の時だけである。
 
 え~と……
 2人目はエレン姉やんで、4人目は俺……
 3人目はジェイザルゴで1人目は巨大な貝……
 
 
 ――真面目に考えようw
 
 
 ハンドルはヘビとクマとオオカミとキツネ……
 この4種類の動物が、1~4人目に該当するんだろうな。
 そしてその順番にハンドルを回せてことかな。
 
 さて――
 2の何も恐れないのはこの中だとクマだろうな。
 4は単独だとクマが怖いが、群れると怖くない。
 この中で群れることがあるのってオオカミだよな。
 
 1がカエルなら3はヘビなんだろうが、カエルのハンドルは無い……
 3がマングースなら1はヘビなんだけどなw
 
 待てよ?
 キツネは雑食性だが、ヘビは肉食性だぞ。
「食べられるものを食べ」ってのは、肉だろうが穀物だろうが草だろうが食べるってことじゃないかな?
 
 
 さて、これらのことを考慮して順番にハンドルを回すと――
 

 ビンゴ!
 ってな感じで奥に進むことが出来たのであーる。
 たまにはこんななぞなぞも面白いものだなー。
 
 
 後はこれまでに体験した遺跡とよく似た感じで――

 ――ゾンビを狙撃したり――

 ――巨大蜘蛛が襲ってきたり。
 
 もうすっかりお馴染みですなぁ。
 そろそろ遺跡探検もマンネリ化してきましたなぁ……
 
 そんなこんなで突き進んでいくと……
 
 
 大成の壁画があった!

 よーし、これでまた俺は一歩……
 ってお前何者だーっ!
 
 

 うおっ、危ねぇ!
 
 待てよこいつ!
 ラビリンシアンでマグナスの杖を持っていたやつにそっくりだぞ!
 あそこは狭かったから追い詰められてピンチになったが、ここは広い場所だ。
 いざとなったらすっとんで逃げれば問題なしw
 隠れる場所もたくさんあるわけだし……
 

 ねっw
 
 やっぱ俺、コソコソしたやつだなぁ(^^;
 
 
 まあよい。
 
 
 勝てば官軍、負ければ賊軍って言葉もあるんだしなw
 
 
 照準OK!
 捕らえた!

 イド・ブレーイク!
 
 ふぃ。
 
 
 さて、こいつだが、杖は持っていないけど、何か仮面を持っているぞ?
 

 へん~

 しんっ!
 
 んんっ?
 なんか力が増えたような……(所持重量20増加)
 コーホー、呼吸器でも付いてるの?(水中呼吸)
 何でも売るぞ友よ、何でもだ! ……って俺何言ってるの?(売買価格20%上昇)
 
 
 たぶん気のせいw
 仮面被るだけでそこまで変わるもんかw
 
 
 しかしこのおどろおどろしい仮面……
 
 そうだ、これでリセッテさん脅かしてやれw
 
 ………
 ……
 …
 

 ぐおっふぉっふぉっふぉっ!!
 
リセッテ「あっ、さすらいの風来坊の帰還ね」
ラムリーザ「えっ、な……、なんであっさりバレる(;´Д`)」
リセッテ「そんな変なことばかりする人って、シェオゴラス信徒のあなた以外居ないでしょw」
ラムリーザ「いや、え、あれは……、シェオゴ……、じゃなく、シロディ……」
 
 なぜだーっ(;´Д`)
 
 

 も~、気味悪いから付いて来ないでw
 
 なぜだーっ、なぜだーっ(;´Д`)
 
 
 
 アホやな、俺w
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記