home > 投稿 > > エルダーの知識編8 ~皆さんご覧下さい、これがニルンの中心です~

エルダーの知識編8 ~皆さんご覧下さい、これがニルンの中心です~

 
 皆さんご覧下さい、これがニルンの中心です。
 

 …………( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )
 
 ………
 ……
 …
 

 中心中心中心中心中心中心!
 うおーっ(ドオン)、さおーっ(ドオン)(旋風の疾走)
 
オンマンド「落ち着け、自称隊長w」
ブレリナ「ブラックリーチ、本当に実在したのね……」
ラムリーザ「ここってさ、幻界じゃないのか?」
オンマンド「地下にこんな世界が存在したなんていな」
ジェイザルゴ「大きなキノコ、うまそうだな」
 
 それぞれ感想は違うが、みんな一様に驚きが隠せないようだ。
 

 しっかし、すっげーなこの景色。
 まさか地底の奥底にこんな世界が広がっていたとはなぁ……
 ジェイザルゴはキノコと言うが、俺はクラゲにも見える。
 なんか、深海に潜り込んだような。
 
 神秘的な所だな……
 
 

 赤い?
 
ラムリーザ「ニルンルートが赤くなっている?」
オンマンド「何もかもが地上と異なっているようだな」
ブレリナ「赤いニルンルートの事は後で調べましょう。とりあえず今回は星霜の書、ムザークの塔よ」
ジェイザルゴ「見ろ、ここにも機械でできた巨大な人形があるぞ」
 
 

 人形――ゴーレムだよな。機械でできたゴーレム。
 
ジェイザルゴ「スイッチもついている」
ラムリーザ「入れてみろ」
ブレリナ「ちょっと待って、不用意に――」
 
 シュー、ガクンガクン!
 
 やばい、動き出した(;´Д`)

 出会え出会え、曲者じゃあ!
 一体何の為のゴーレムなんだよ。
 
ブレリナ「もう、怪しげなスイッチ入れる前に相談してよ!」
ジェイザルゴ「隊長がスイッチ入れろと言ったから入れたんだ」
ラムリーザ「さっきまで自分が隊長だと言ってたくせに(#^ω^)ピキピキ」
オンマンド「喧嘩していたら、さっきのスラ探検隊みたいになるぞ」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 
 先に進むぞ……
 
 

 青白く輝く湖。
 巨大なキノコクラゲにソーダの海。
 異界とはこういった所を言うんだろうな。
 ひょっとしてオブリビオンもこんな所なのかもしれないな……
 
 ブラックリーチをひとまず道に沿って探索すること数時間――

 ――塔らしきものを発見したぞ。
 いや、相変わらずクラゲキノコすげーな。
 何がどうなったらこんな巨大に成長すると言うんだよ。
 

 こっちみんなw
 このブラックリーチには、いくつか建造物があったが、「塔」と言えるものはこれだけのようだった。
 
ラムリーザ「さて、いよいよムアイクの塔に突撃するぞ」
ジェイザルゴ「ほら吹きの塔なのだな」
ブレリナ「……ムザークの塔」
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記