home > 投稿 > > エルダーの知識編6 ~ファルメルの巣~

エルダーの知識編6 ~ファルメルの巣~

 
 俺の名前はラムリーザ、アルフスタンド探検隊の隊長だ。
 
ブレリナ「この探検で目指している本当の目的を、きちんと覚えているのかしら?」
ラムリーザ「もちろん、大成することだ!」
ジェイザルゴ「ふんふん♪」
オンマンド「星霜の書探しだろw」
 
 
 こほんw
 
 
 少なくとも星霜の書で俺は大成するはずなのだから、間違いじゃないよなw
 しかしドゥーマーの遺跡は本当にハイテクですなー。
 ハイテクと言っても、どれがどのように作用してどうなっているからこうなのだ?
 とか言うものはさっぱりわかんないけどねw
 
 機械とか蒸気とか、そんな技術はここのようなドゥーマーの遺跡でしか目にすることは無いんだしな。
 先ほど見かけたお立ち台システムは、リセッテさんのステージに使うのはアリかもしれないけどなw
 
 
 しかし施設も古くなっているのかどうか知らないが――

 ――所々漏れてやがる、……動力は火か? 燃料漏れに引火したのか?
 
ラムリーザ「こういうところは飛び越えれば大丈夫」
オンマンド「炎が吹き出ていないときに駆け抜ければいいんじゃないかな?」
ブレリナ「そういえば、ラムリーザって召還弓を使うのね」
ラムリーザ「普通の弓を持っていたら叔父さんがうるさかったからな(。-`ω´-)」
オンマンド「アンカノかぁ。ラムリーザの叔父さんを悪く言うのはアレだけど、堅苦しくて苦手だったな……」
ラムリーザ「大丈夫、気にするな。俺もそう思っていたからw」
ブレリナ「(あまり気に入らない人だったけど)元気になるといいわね」
 
 
 途中、目の無い生き物が次々と襲い掛かってくるが――

 ――ざっとこんなもんよw
 俺ら無敵のカルテット♪
 ジェイザルゴーズだけでも強力なのに、そこに二人が加わったんだ。
 負ける気がしねーぜw
 
 

 なんてこったい……
 
ブレリナ「ひょっとして、行方不明になっていたヴァリエじゃないかしら……」
ラムリーザ「さっきうろついていた化け物がやったんだろうな」
オンマンド「何かの儀式かよ……、気味が悪いな……」
ブレリナ「目の無い生き物、ドゥーマー、ちょっと調べてみたくなったわ」
 
 この生き物は、確かムズルフトにも居たな。
 この分だと、残る二人、スラとウマナも危ないな……
 
 しかし、目の無い生き物とは、いったい何なんだろう?
 ま、調査はブレリナに任せましょうw
 

 化け物め!
 ヴァリエとは面識は無いが俺と同じハイエルフ。

 一応弔い合戦だ!
 
 

 しかし、大分降りてきたな。
 どこまで掘り下がっているんだろうか?
 
 
 
 アルフスタンド探検隊の旅はまだまだ続く
 
 
 
 おまけ

 むちゃくちゃ分かりやすいトラップw
 
 踏むなよ……
 
 踏むなよ!!
 
 
 ガターーンww
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記