home > 投稿 > > 吟遊詩人大学編3 ~死者の安息所、黒塗りの詩歌~

吟遊詩人大学編3 ~死者の安息所、黒塗りの詩歌~

 
 俺の名前はラムリーザ、吟遊詩人を目指す者――
 
 吟遊詩人の大学に入るための試験として、オラフ王の詩歌を「死者の安息所」から探してくることになった。
 幽霊に導かれるような形で進み、襲い掛かってくるゾンビをちぎっては投げ、ちぎっては投げ、ギロチンのような刃が揺れるトラップを掻い潜り、どんどん奥に進むこと数時間……
 
 

 幽霊はここで止まった。
 俺をここに導きたかったのか?
 ここには一体何があると言うのだ?
 
 あたりを見渡してみると、一冊の本を大事に抱えた干からびた死体が一つ……

 ひょとしてこれが探している詩歌か?
 
 ちょっと読んでみよう、どんな歌なんだろ?

 黒塗りだらけ、これはあれか?
 オラフ王の詩歌って、卑猥な内容とかw
 
 
 そういえば詩人大学で聞いたな。
 オラフ王の詩歌は、スヴァクニールって人が「エッダ詩歌集」に寄稿したもので、当時ソリチュードを統治していたオラフ王を非難する内容だった。
 そして腹を立てた王はその吟遊詩人を処刑し、すべての写しを焼き払ったそうな――
 
 だがそれは大学で研究をする前の見解だったようで、その後研究が進むと、オラフ王と吟遊詩人が結託して、真実を隠したものも考えを変えたそうだ。
 その推測が正しければ、スヴァクニールとオラフ王の詩歌が「死者の安息所」にあると言う事らしい。
 
 そこで俺が調査に差し向けられたわけだ……
 
 
 つまりこの死体はスヴァクニールであり、また幽霊もスヴァクニールってことなのか?
 しかし、気が付けば幽霊は消えていた……
 
 
 まあよい。
 
 
 オラフ王の詩歌を持ち帰り大学に入れてもらい、リュートの弾き方さえ教えてくれたら、詩歌のことなど俺にとってはどうでもよいw
 
 さて帰るか……、と思ったらまた幽霊が?
 

 封印を解く幽霊

 幽霊は、奥の絵合わせ扉の前で消え去った――
 
 まだ先があると言うのか?
 
 
 ちょっと待てよ?

 これは見覚えが……、確かポテマじゃないのか?!
 オオカミの毛皮を纏った者の姿が壁画に……
 
 死者に縁のある場所にはポテマの影あり、か。
 
 
 こうなったら最後まで見届ける必要がありそうですな!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記