home > 投稿 > > 帝国軍編13 ~偽りの前線 後編~

帝国軍編13 ~偽りの前線 後編~

 
 俺の名前はラムリーザ、帝国軍審問官だ。(昇進したもんねーw)
 
 ストームクロークの配達人から書類を盗み、それをペイル野営基地に持ち帰ったところだ。

リッケ特使「よくやったわ」
 
 どうやら書類の内容では、「ダンスタット砦」が援軍を要請していることらしい。
 リッケ隊長は、援軍が来ないように書き換えたようだ。
 
 そして今度はその書類をドーンスターに居るストームクロークの指揮官に間違いなく届けなければならない。
 俺は配達人か?
 
ラムリーザ「配達の仕事はやっぱり裸でするべきなのかな……」
リッケ特使「わけのわからないことつぶやいてないで、さっさと届けなさい!」
ラムリーザ「りょーかいっ」
 
 
 ドーンスターか、行きますか。
 
 ストームクローク領だよな?
 慎重にな……
 
 ドーンスターにて

 首長さんかな? もめてる……

ブリナ「やめてスカルド、私達はもう兵士じゃないのよ!」
スカルド首長「お前の仲間のホリックは帝国軍の鎧を着ているが、どういうつもりなんだ?」
ブリナ「彼は軍隊が誇りなのよ」
スカルド首長「覚えておけ、テュリウス将軍に手紙を書いているのを見つけたら、二人とも処刑してやる」
 
 ……((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
 敵地だ……
 この首長本気だ……
 ストームクローク領のドーンスターの首長がこの調子だと、おそらくウィンターホールドも……
 あまり大学に行きたくなくなっちまったぞ。
 もっとも俺ならテュリウス将軍に手紙など書かずに、リセッテさんに書くけどな!
 
ブリナ「あなた、ストームクロークじゃないわね」
ラムリーザ「……グレイビアードです(。-`ω´-)」
ブリナ「スカルドは馬鹿だわ、ドラゴンがヘルゲンを襲ったのよ。ドーンスターが今ほど帝国を必要としたことはないのに……」
ラムリーザ「大丈夫、帝国軍はすぐにドーンスターを救ってくれるさ」
ブリナ「今は面倒を起こさないで」
 
 面倒など起こすものか。
 さっさと書類を指揮官に届けて逃げ出そう。
 
 

 えっと、指揮官はどちらでしょうか?
 
スカルド首長「指揮官のフロークマルなら隣の部屋だ!」
ラムリーザ「ありがとうございます!」
 
 こえー、こえー、なんつー威圧感……
 こんなところもう居たくねー(;´Д`)
 
 
 

 この人が指揮官らしいな。
 
ラムリーザ「文書をお届けに参りました!」
フロークマル「本当か? 見覚えの無い顔だな。なぜストームクロークの装備を身につけていないんだ?」
ラムリーザ「……私は変態になりたくないからです!」
フロークマル「どういう意味だ?」
ラムリーザ「敵に気づかれないよう鎧は脱ぎ捨てるべきだと思いましたが、裸の配達人なんかにはなりたくないからです!」
フロークマル「うむ、なるほど。では、見てみよう……」
 
 (俺、なんかすげー適当なこと言ってるな。こんなのに騙されるなんて、ノルドってやっぱ脳筋?)
 
フロークマル「なるほど、砦に援軍が向かっているようだな。敵軍の動きに関する情報も手に入った」
ラムリーザ「(まさか俺がここに居ることも……?)」
フロークマル「帝国軍の斥候があちこちに居る中で伝令をするのは大変なことだ。よくやった!」
ラムリーザ「いつでも任せてください!」
フロークマル「帰る前にウィンドピークで一杯飲んでいったらどうだ?」
ラムリーザ「いや、そこよりも私はウィンキング――っと、ドピークですか、いいですねー(危ねーw)」
フロークマル「タロスのご加護を」
ラムリーザ「タロス万歳!」
 
 ……エレン姉やんにこんなところ見られたら(;´Д`)
 
 
 ドーンスターか。

 スカイリムの港町ってところだな。
 一刻も早く取り戻して、北海をストームクロークの支配から開放しなくちゃ。
 ブリナさんや、彼女と一緒に居た元帝国軍人ホリックさんを安心させなくちゃな!
 
 あの首長を見ると、ブリナさんはともかく、ホリックさんは今にも粛清されそうだよ……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記