home > 投稿 > > 帝国軍編12 ~偽りの前線 前編~

帝国軍編12 ~偽りの前線 前編~

 
 俺の名前はラムリーザ、ドラゴンボーンのグレイビアード。
 
 ドラゴンボーンとして大成するために、星霜の書(エルダースクロール)を求めていたのを完全に忘れていたw
 そもそも大学から出たのは、オンマンドのアミュレットを取り戻すために、エンシルの杖を捜してくるはずだった。
 忘れないうちに杖探しに行くかな、リセッテさんは仕事があるから遠出は無理だよな……
 さて、「崩れ落ちたファング洞窟」に向かうか。
 
 
テュリウス将軍「リッケ特使と合流して、ペイル奪還ミッションに参加すること! あと、お前を審問官に昇進!」
 
 
 あらら、帝国軍の仕事が入っちゃったよ。
 帝国軍の仕事にリセッテさんを連れて行くわけには行かないな。
 
 ついにストームクロークに奪われた故郷を取り戻す時がきたわけですな。
 もっとも俺の故郷はサマーセット島だがなw
 
 ついでに帝国の異端審問官に昇進しちゃったよ。
 サルモールだとタロス狩りだけど、帝国軍は何を審問したらいいんだろう?
 帝国にとっての異端……、ストームクロークか?
 でもそれだと今までと何も変わらないじゃんw
 
 
 まあよい。
 
 
 ペイルの帝国軍野営基地か。

 もう集結してるぞっ

 隊長! ラムリーザ参りました!

リッケ特使「では、ストームクロークの指揮官に、嘘の指令を伝えて欲しいのよ」
 
 次は情報戦ですか、本格的になってきたな。
 俺の仕事はこうだ。
 ストームクロークの伝令が、ナイトゲートとキャンドルハースという宿を頻繁に利用しているので、宿屋の主人を説得して協力してもらい、ストームクロークの書類を入手して欲しいということだ。
 
 なんかサルモール大使館でも似たような仕事したなw
 
ラムリーザ「どうせなら書類無視して、『ウルフリックが死んだぞ』って指揮官に伝えたらいいんじゃない?」
リッケ特使「敵も馬鹿じゃないわ、さっき言ったことに早く取り掛かりなさい」
ラムリーザ「りょーかいっ」
 
さてと、まずはナイトゲートの宿から当たるかな。
 
 
 …………
 
 
 道中、サルモール審問官にでくわしちゃったぞ(。-`ω´-)

サルモール審問官「お前はラムリーザだな? 公務の邪魔をするな!」
ラムリーザ「はいっ、審問がんばってくださいね!」
 
 先日エレン姉やんとも話したことだし、ことを荒らげないように。
 捕まっているやつも、ストームクロークじゃないか、ザマー見ろm9(^Д^)プギャー
 
(ハッハッ)サルモールに捕まって今どんな気持ち? ねぇ、どんな気持ち?(トントン)
 
サルモール審問官「それが公務の邪魔だと言うのだ!」
ラムリーザ「おっと、すまんこってす、ではっ」
 
 危ない危ない。
 
 

 さて、ナイトゲートの宿屋に到着したぞ。

ラムリーザ「ごめんくださーい」
 

 ぎょっ!
 宿屋の主人を説得するまでもない、ここにストームクロークの配達人が居るがな(^^;
 書類……、書類……
 

 あのー、ストームクロークの文書について――
 
配達人「なぜ文書の聞く?! 怪しい奴め!」
ラムリーザ「わったた、タンマ!」
配達人「しねぇーっ」
 
 ちょ、まだ戦闘準備も!
 ってか、宿の中で暴れますか?
 民間人いっぱい居ますよ!
 やっぱりストームクロークは野蛮な反乱軍ですなーーっ(;´Д`)
 目的の為なら民間人の犠牲は考慮しないってやつですか……
 

 逃げるな!

 待てーっ!
 
 なんだよこの茶番劇はw
 ってか、宿に居る人たち、他人事みたいにしてやがる……
 どうせ斬ったら「マーダーマーダー」叫ぶんだろが!
 とりあえず、こいつ取り押さえてくれよ(;´Д`)
 
 地下室行ったり、一階戻ってきたりの追いかけっこが続いた後――

 ――よし、まいたか?
 
配達人「どこに隠れた?!」
 
 

 ……もはや穏便に済ますには『スル』しかないかw
 ここが宿屋の中じゃなければ、サクッと狙撃していたところなんだけどなー。
 俺はちゃんと時と場所は考える、スマートに行こうじゃないか!

 これか……
 Snipe!
 じゃなくて、Steal!
 
 じゃあ、さっさとトンズラしますかなー
 あばよー、とっつぁん・・じゃなくて、ストームクロークの配達人ーっ
 
 
 
 スリ行為よくない?
 いや、『敵』から盗む行為は躊躇しないぜw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記