home > 投稿 > > サブ・ストーリー4-5 ~死霊術師ポテマ~

サブ・ストーリー4-5 ~死霊術師ポテマ~

 
 ウルフスカル洞窟で召喚を阻止したはずのポテマが、ソリチュードの地下墓地に再び現れたらしい。
 ということで、ポテマの復活を阻止するために、ポテマの聖域に突入したところだ。
 

 これが生前のポテマか……
 なるほど、オオカミの毛皮を纏っているのね。
 死霊術師というより、バーサーカーみたいだなw
 
ポテマ「さあ、いらっしゃい。死んで私に仕えるのよ」
 
 無茶苦茶言うやつだな(;´Д`)

 そこでゾンビを蘇らせますか?
 ポテマに仕えるぐらいなら、サルモールの犬の方が遥かにマシだなw
 
 
 接射、接射!(なんか省略気味w)
 
 
 その先にある扉の奥に――

 ――居た!
 ウルフスカル洞窟のスペースバ○パイアが!
 
ポテマ「さて定命の者よ、お手並み拝見ね!」
 
 リセッテさんはそこで待機しててね(。-`ω´-)
 

 次から次へとゾンビ蘇らしやがる……
 これだから死霊術師は、やばいんだよ!
 
 
ポテマ「喜ぶのはまだ早いわよ、虫けら!」
 
 最初は英雄扱いしてくれてたが、今度は虫けら扱いになっちまった(;-`ω´-)
 
 だがなポテマよ。
 蟲の王マニマルコに比べたら、お前こそ虫けらだぜ!
 
 シロディールの守護者はマニマルコに勝ったんだ。
 俺もポテマごときに負けるわけにはいかない!
 
 ゾンビだけではない。
 ポテマは時折、雷撃のようなものを飛ばしてくる。

 当たるかよ!
 なんてアクロバティックな戦闘なんだろうw
 
 しかし召還術がいつまでも使えるわけではなさそう。
 蘇るゾンビをことごとく撃ち落したら、浮かんでいた霊体は奥に引っ込んでいった。

 あの奥にポテマ本体が居るんだな!
 
 よーし、いよいよ最終決戦じゃーっ!!
 今度こそポテマチップスにしてやんよーっ。
 
 あ、リセッテさんは引き続きそこで待機していてね(。-`ω´-)
 

 ついに本体――の霊体が姿を現したな!
 霊体だから通常の武器は効かないとか言いそうだが、俺の魔力の弓なら全然関係ないわーっ。
 
 近接戦闘、接射だ!

 雷か、モロケイ戦で耐性付いたわーっ。
 トドメはやっぱりこれだな!
 
 1、2、3――

 フゥス、ロ、ダ━o(`・д・´)ノ━ッ!!
 
ウラッグ「違う」
アーンゲール「違う」
 
 またステレオの幻聴が……(。-`ω´-)
 
 とにかく、ドラゴンボーンの揺ぎ無き力を食らったポテマの霊体は消え去ったのであった。
 くっ、消えたか、ポテマチップスに出来ない!
 
 
 まあよい。
 
 

 後はこいつをスティルさんの所に持ち帰ればいいんだな。
 どうだリセッテさん、俺の凄さをよーくわかったかい?w
 
ラムリーザ「ふぃ、任務完了。あとは報告だけだ」

リセッテ「…………」
ラムリーザ「どした? 浮かない顔だな」
リセッテ「私は冒険談しか聞いてなかったけど、いつもこんな危険なことしていたのね……」
ラムリーザ「まー、冒険には危険は付き物。だがな――」
 
 
 …………
 
 

 ――終わった後の達成感は半端無いんだぜ。
 
リセッテ「そうね、それは分かるわ」
 
(後な、俺はこの冒険談をどや顔でキミに語るとき、至福の時を感じているんだぜ、今回もまた)
 
ラムリーザ「青ーい空、広ーい海。こんなにいい気分に浸っている私を邪魔するのは、誰だーーー!」
リセッテ「誰も邪魔してないわよ」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 
 さて、帰ろう。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
 

 ――という風に、ポテマの復活を阻止したのさ。

リセッテ「知ってるわよ」
ラムリーザ「あれ? あ、一緒に見てたんだったな(。-`ω´-)」
リセッテ「百聞は一見に如かず、やっぱり冒険談より実体験の方がいいわね」
ラムリーザ「やっべ、俺話すこと無いじゃん。俺の楽しみがぁ……」
リセッテ「クスクス」

ラムリーザ「じゃあさ、今日はリセッテさんの昔話聞かせてよ」
リセッテ「いいわよ、あれは私がソリチュードに来て間もない頃の事だけど――」
 
 
 ソリチュードの空は今日も青い。
 
 助兵衛の旅は、まだまだ続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記