home > 投稿 > > 魔導師大学完結編7 ~猫が親友でもいいじゃないか~

魔導師大学完結編7 ~猫が親友でもいいじゃないか~

 
 ♪我らは戦う命の限り、やがてソブンガルデに呼ばれるまで
 
 ああ、リセッテさんの歌声が聞こえる。
 ノルドは死ねばソブンガルデに召される。
 ハイエルフの俺はどこに召されるんだ?
 
 
「ラムリーザ! 諦めるんじゃないぞ! タッグ・フォーメーションDだ!」
 
 
 はっ?!
 
 
 敵の攻撃が止んでいる?!
 
 ジェイザルゴ……。
 
 爆発のダメージも癒えてないのに無茶しやがって!
 またお前に救われるとはな!!
 
 

 よーし、ラウンド2、ファイトだっ!
 俺たちジェイザルゴーズ(謎)に怖いものなんてない!
 
 ジェイザルゴーズのテーマ
♪僕の名前はジェイザルゴ(偽名)
♪僕の名前はジェイザルゴ(本物)
♪二人合わせてジェイザルゴ~
♪君と僕とでジェイザルゴ
 
 気持ち悪い歌、ドヴァキン止めろー(;´Д`)
 
 
 お、歌で敵が怯んだぞw
 
ウラッグ「どこのマク○スだ?」
 
 ……(^^;
 

 今だ!

 ドーン!
 おっしゃーっ!
 
 俺もジェイザルゴも満身創痍、疲労困憊だが、なんとか撃破することに成功したぜ。

 しかしこいつはいったい何者だったのだろうか?
 所持品を漁ると、謎の仮面と杖。
 仮面はどうでもいいが……

 これがマグナスの杖か。
 これさえあれば、大学を救うことができるはずだ!
 
 
 さて、マグナスの杖も手に入ったことだし、早く大学に戻らないとな。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 

ジェイザルゴ「やったな。ジェイザルゴは楽しかったぞ」
ラムリーザ「ああ、やったな。お前のおかげだ、ありがとうジェイザルゴ」
ジェイザルゴ「ジェイザルゴとお前が組めば、恐れるものは何もない」
ラムリーザ「そうだな。しかし、借りができちまったなー」
ジェイザルゴ「ジェイザルゴには分かっている。お前は大学を救ってくれる、必ず!」
ラムリーザ「それは借りを返したお釣りで貸しができるレベルだぞw」
 
 
 
 俺の名前はラムリーザ、ジェイザルゴの親友だ。
 
 
 いよいよマグナスの目と決着をつける時がやってきたようですな!
 
ジェイザルゴ「ここの砂は冷たいが、お前が居るとカジートは暖かく感じるよ」
ラムリーザ「傷が癒えたら、またいっしょに冒険しよーなっ」
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記