home > 投稿 > > ドラゴンボーン編29 ~声の修行、完結編~

ドラゴンボーン編29 ~声の修行、完結編~

 
アーンゲール「待っておったぞ、創始者の角笛は取ってこれたかの?」
ラムリーザ「はいっ、ここに!」
アーンゲール「……なんじゃこれは?」
ラムリーザ「えっ?」
 

 あれっ、なぜトリグの角笛がここに?
 ここに来る前に、タロスの祠に置いてきたはずじゃないか!
 
 
 あっ、ひょっとして!!
 
ラムリーザ「ちょっと待ってて下さいっ(^^;」
アーンゲール「…………」
 
 
 
 俺の名前はラムリーザ、そそっかしさが治らない誰か助けて(;´Д`)
 
 首長エリシフに頼まれていたトリグの角笛の代わりに、創始者の角笛をタロスの祠に置いてくるアホっぷり・・w
 
 

 ……やっぱりw
 
 少しは落ち着いて行動しろよ俺(´・ω・`)
 
 

 これでよし。
 
 トリグ上級王、今度こそ安らかに眠れ!
 ウルフリックはこの手で必ず!
 
アーンゲール「さて、そそっかしいドラゴンボーンよ、ついて来い。お前をドラゴンボーンとして正式に認める時が来た」

アーンゲール「それでは、揺るぎ無き力の最後の言葉『ダー』を授ける」
ラムリーザ「それって……」
ウラッグ「某『燃○る闘魂』は全く関係ないからな」
 
 ……先に突っ込まれた(^^;
 
 1……、2……、3…………

 ダ━o(`・д・´)ノ━ッ!!
アーンゲール「違う」
 
 
アーンゲール「さて、そそっかしいドラゴンボーンよ、最後の修行に入る。これに耐えてみせよ」
 

 うんだらうんだらうにょうにょ……
 き、きもちわりぃ……(;´Д`)
 なんだってこんな妙なこと、せんとアカンのかいな?
 
アーンゲール「グレイビアードの声を試し、無傷で通った。ハイフロスガーはお前のために門を開こう」
 
 
 ……つまり、「うにょうにょ」に耐えたから、グレイビアードの一員として認めてもらえたってことか!
 
 それなら気持ち悪いこと堪えた甲斐があったということだ!
 
 
 よーし、これからはグレイビアードのローブを堂々と着ることができるわけだな。

 コスプレ違うでw
 俺は本物のグレイビアードなんだからなっ!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記