home > 投稿 > > ドラゴンボーン編24 ~サルモールからの刺客~

ドラゴンボーン編24 ~サルモールからの刺客~

 
 俺の名前はラムリーザ、どうやら救世主らしい。
 リフテンの地下でエズバーンをなんとか見つけ出し、リバーウッドのデルフィンの所まで送ることになったのですがーあっ!
 
見つかってしまった!
 見つかってしまった!
 
サルモール兵「見つけたぞエズバーン!」
エズバーン「ぐわっ!」
サルモール兵「む、ハイエルフ! ひょっとしてお前はラムリーザか?!」
ラムリーザ「……ち、違うと言えば?(^^;」
サルモール兵「ブレイズの仲間は死んでもらう!」
ラムリーザ「……そ、そうだと言えば?(^^ιタラリ」
サルモール兵「サルモール大使館に連行する!!」
ラムリーザ「なにーっ!!Σ( ̄□ ̄ガーン」
 
 やっべ、指名手配食らってた……
 エレン姉やんのやりそうなこった。
 俺を捕まえて何になるんだよ……あ、盗ったノートを返せかな?(^^;
 とにかく、否定しても肯定してもお先はあんまり明るくなさそう。
サルモール・ルート
 仰せのままに……(サルモール・ルート想像図)
 そうとわかれば、答えは一つ!
 

 俺の名前はジェイザルゴだーっ!
 はぁ……、はぁ……
 
 これでサルモールを敵に回すことになってしまうのか……
 いや、こいつを倒したのはジェイザルゴとか言うわけのわからんやつだ、うんw
 
 とにかくこんなところ、さっさと逃げよう。
 
 サルモールの追跡を振り切り、ようやく街に戻ってきたのですがーあっ!

 ドカーン!
 なにごとじゃあ!
 

 最初に会った人当たりの悪いカジートだ!
 エズバーンのじいさんもカジート嫌いですか、そうだろうそうだろうw
 
ラムリーザ「本気でカジート狩りするなら、ウィンターホールドの大学とか行ってみませんか?」
エズバーン「そんな所には行かん、こいつの持ち物調べてみろ」
 
 ん……?
 書類? また暗殺指令?

 ……Eってエレン姉やんのことだよな?
 利用できるものはカジートでも何でも利用しますか、相変わらずえげつない……
 あの人を敵に回して勝てるわけ無い……
 素直にサルモールの軍門に下って、エレン姉やんに尻尾振っていたほうが人生安泰な気がする(´・ω・`)
サルモール・ルート
 仰せのままに……(サルモール・ルート想像図)
 
 …………
 
 いやいかん!
 俺にはリセッテさんが居る!
 
 とりあえず、早めにブレイズとは縁を切った方が安全な気がしてきたよ。
 サルモールは帝国軍と和平中なので、帝国軍に徹していれば問題無いはず!
 
 
~余談~
 
「大丈夫か? しっかりしろ! 誰にやられた? エズバーンは見つかったか?」
「うぐぐ……、やつにはジェイザルゴという護衛がついてやがった……、ハイエルフのくせにブレイズに味方してサルモールに盾突くとは……」
ハイエルフのジェイザルゴめ、ゆるさんぞ!」
 
 この日を境にサルモールでは、反乱分子である「ハイエルフのジェイザルゴ」抹殺指令が出されたそうなw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記