home > 投稿 > > ドラゴンボーン編11 ~創始者の角笛が……無い!~

ドラゴンボーン編11 ~創始者の角笛が……無い!~

 
 俺の名前はラムリーザ、別名爆弾岩(´・ω・`)
 
 ジェイザルゴのあほんだらあ!
 おかげでここんとこ連続で死にオチになってるじゃねーかよ!
 お前なんかマグナスの目の暴走に巻き込まれて、エルスウェアまで吹っ飛んでしまえばいいんだーっヽ(`Д´)ノウワァァン!!
 
 ……といっても、ジェイザルゴはアレだけど、叔父さんや他の人たちが心配だ。
 ジェイザルゴに一言文句言いに行くにしても、とにかく帰らなきゃ。
 ということで、さっさと創始者の角笛を見つけて修行終わらせないとな。
 
 うむ、珍しいドア発見。

 どうも人感センサーみたいな感じで開くようですな。

 ……目の前で閉じやがる
 ば……、馬鹿にしよって!

 疾風ウォルフなめんな!
 はぁはぁ、なんて人を食ったようなドアなんだ。
 今頃あのドアは「何と素早い、まるで疾風だ」とか言ってるんだろうな、ざまーみろw
 ドラゴンボーンの力を使って突破するトラップですかな。
 
 ふむ……、変わった床模様ですな。
 上に乗るとバコバコ沈むけど、とくに罠ではなさそうな……

 うわちゃっ!
 なんかさっきから爆発したり燃えたり……、フィアアーマンとして生きて行こうかのぉ。
 そしてここでも蜘蛛! どいつもこいつも邪魔ばかりしよって!
 そんなにドラゴンボーンが妬ましいか?
 なんなら代わってやろうか?
 俺だってなぁ、ホワイトランの自宅で昼寝していたいんだよっ!
 ……と蜘蛛に毒づいても仕方ないや、はぁ(´・ω・`)
 

 やっと目的地に到着か?
 あの祭壇のようなところに創始者の角笛があるに違いない。
 さっさとアーンゲール師に届けて修行終わらせて大学に帰ろう。
 
 ちょっとまった……

 無い!
 創始者の角笛が無い!
 なぜに?!
 落ちてるのか?
 いや、ない……
 ん? 祭壇の上に手紙が?

 何? リバーウッドの宿屋で待つ?
 ふざけんなーっ
 なにが「ドラゴンボーン^^」だよ馬鹿にしよってーっ
 「友より」とか言うが、スカイリムでの友人は、ジェイザルゴとハドバルぐらいじゃあ!
 違う!ジェイザルゴなんか嫌いだーっ!
 
 誰だか知らんが、俺は急いでいるんだ勘弁してくれーっヽ(`Д´)ノ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記