home > 投稿 > > ドラゴンボーン編8 ~ハイ・フロスガーへの長い道~

ドラゴンボーン編8 ~ハイ・フロスガーへの長い道~

 
 ドヴァーーーキーーーーーン!!!
 
 あれ、また街に叫び声が聞こえたよ?
 ホワイトランは一見平穏に見えるが、裏では『どは菌』に蝕まれつつある恐ろしい街なのだろうか……。
 まあいい。
 俺の名前はラムリーザ、ホワイトランの住民だ。
 今日は確か市場で掘り出し物の販売するって言ってたな、薪割り仕事ついでにちょっと行ってみよう。
 
 
 正午
 
 ドヴァーーーキーーーーーン!!!
 
 また叫び声が……時報代わりになっていいかもな。
 どは菌の警告は激しくなっているが、街は平穏そのもの。今日の天気は晴れ時々叫び声っと。
 今日のお昼は鍛冶屋のエイドリアンと一緒する約束だったな。
 午後は鍛冶の仕事でも手伝ってみようかな……。
 
 
 夕暮れ
 
ドヴァーーーキーーーーーン!!!
 
 うむ、丁度良い、作業上がりっと。
 今日は結局ダガー作成しか覚えられなかったけど、そのうち「ロトの鎧(何?)」も叩けるようになってやるさ。
 さてと、ハチミツ酒ハチミツ酒、ついでに晩飯だ。
 
 
 翌朝
 
 ドヴァーーーキーーーーーン!!!
 
 あれあれまただよ。
「こら、お前。まだ行ってなかったのか?!」
 そこに首長のバルグルーフが現れた。朝からいったい何の用事だろう?
「はい? あ、首長さんおはようございます」
「グレイビアードがお前を召喚していると言っただろうが、はよ行け!」
「あっ!」
 そういえばそんな話もあった気がする。
 完全に忘れていた!
「まったくグレイビアードの奴ら……何度も何度もやかましいんだよ」
「ほんとですよねぇ……」
「お前は、はよ行け!!」
「あうわっ、はいっ!」
 

 
 そんなこんなで久々の遠出。
 ホワイトランがあまりにも居心地良すぎて、完全に忘れていたわ、ははは。
 他にも何かいろいろと忘れているような気がするけど、う~ん……。
 とりあえず自宅の警備は従者のリディアに任せるから問題ないな。
 ハイ・フロスガーってのは、スカイリムで最も高い山「世界のノド」にあるんだよな。
 というわけで、その山の入口にある村、イヴァルステッドに到着して、そこからハイ・フロスガーって所を目指す事になったのですがーあっ。
 
イヴァルステッドにて
 山への入り口付近で、なにやら話をしている人がいる。
 クリメクと名乗った男は、俺に頼みごとをしてきたぞ。
「ハイフロスガーに物資を届けてくれ、これから登るんだろ?」
「そうだよ」
「いつもは俺が届けていたんだが、膝に矢を受けちまってね……」
「それはお気の毒、お大事に」
 何故か物資配達の仕事をすることになっちまったい。
 
 まあよい。
 
 どっちみち行くことになるんだし。
頂上が見えない……
 しかし全然頂上が見えないんでやんの。
 なんかめんどくさくなってきたなー、村人の話では階段が7千段もあるんだろ?
 でも行くしかない……、仕方ない……。
 千里の道も一歩から、7千段の階段も一段から。
 
山からの景色
 大分登ったな、イヴァルステッドがあんなに小さく。
 のどかな村だ、ホワイトランもいいけど、俺はこんなところの方が好みだな。
 村にある円盤みたいなものはなんだろう?
 
 まいっか。
 
遠景
 お、あれはブリーク・フォール墓地。
 ドラゴン探求の旅は、あそこから始まったようなものだよな。
 
ハイ・フロスガー
 あ、あれがハイ・フロスガーか?
 ようやく到着したぜ……。
 とりあえず箱の中に物資を入れて、と。
 
 
「ごめんくださーい」
 中に入って、とりあえず挨拶してみた。
 すると現れたのは、アーンゲールという一人の老人だった。
「待っておったぞ、ドヴァキン。何度も呼ばせおってからに……」
「えっ? ここにもどば菌?」
「そう、お前じゃ。ドラゴンボーン=ドヴァキンじゃ」
「がーん!」
 
 
 なんてこったい!
 どば菌どば菌って叫んでいたのは、警告じゃなくて俺を呼んでいたのかよ!
 あ、そういえば首長も「どばきーん」の叫び声が、俺を呼んでいるって言ってたな……。
 
 
 なんというか、俺の人生終わったような気がする!

 
 
 
Sponsored Links



 

 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記