home > 投稿 > > ドラゴンボーン編5 ~ブリーク・フォール墓地の蜘蛛糸男~

ドラゴンボーン編5 ~ブリーク・フォール墓地の蜘蛛糸男~

 
 さーてとっ、ホワイトランの宮廷魔導師やってるファレンガーの依頼で、ブリーク・フォール墓地へドラゴンストーンの回収に向かったわけですがーあっ。
 ブリーク・フォール墓地ってどこだ? 街の墓場? 聖堂の地下にあるの?
 あ、待てよ……、そう言えばリバーウッドに行くまでの道でハドバルが……。
ブリークフォール墓地1
 あれがブリーク・フォール墓地だ、小さい頃……うんぬん(聞いてなかったけどw)
 何か言ってたな、あれのことかな?
 
 
 
ブリークフォール墓地2
 遠目に見えているのを頼りにして近づいて行ったんだけど、墓地にしては壮大だな。
 ここで合ってるのか?
 おっ、人が居る、丁度良い。
「すみませーん、ブリーク・フォール墓地はここで間違ってないですかー?」
「まずいときに、道に迷ったようだな」
「うわっ、敵かよっ!」
「弓か、張り付いてしまえばこっちのものだぜ」
 
 ふふっ甘いぜ、俺には『接射』という特技があるんだぜ~。
 至近距離からの射撃は狙いを定める必要が無いので、とにかく連射連射。
 何度も素早く正確に弓を引く必要があるけど、そこは任せとけっ。
 哀れな山賊はハリネズミ……って、3本しか表示されないのね。
 
「そんな非常識な、ありえんことだ……」
「ふふっ、なめんな。ブリーク・フォール墓地はここだな?」
「ああ……そうだ。行って殺されて来い……」
「ふんっ」
 
 要するに中に居るのは山賊ってことだなってことで、片っぱしから狙撃で仕留めて行こう。
 途中なんかパズルチックなものがあったけど、印を合わせて門を開放。
 しばらく進むと、辺り一面蜘蛛の巣が、そして助けを求める声が?!
 
巨大蜘蛛
 ぬおっ、巨大蜘蛛!
 
 しかし山賊を助ける道理も無いと思うんだけどな……。
 
 捕まってたんだな。
蜘蛛糸男
「う~む、なかなかの蜘蛛糸男。なんだか楽しそうにしているじゃないか」
「助けてくれっ、俺は山賊じゃない! 金の爪ならお前にやるから!」
「そんなもの持ってるから、モンスターがたくさん出てきて捕まるんだよ……」
「それは『おうごんのつめ』じゃ」
「なっ……今なんか幻聴が?!」
 ウラッグのじいさんの声が聞こえたのは気のせいか?
「早くしろ!」
「はいはい」
「ふう、助かったぜ。ほんじゃ、あばよっ」
 
待て待て待て待てそれピーピー
 あ、逃げた!
 
 犯人逃げた、待て待て待て待てそれピーピー!
 それピーピー!
 
「沿岸警備隊ごっこはそのくらいにしておけ」
 
……やっぱりなんかウラッグのじいさんの声の幻聴がする。
 
 
 まあよい。
 

 目的はドラゴンストーンであって、金の爪ではない。
 わざわざ「おうごんのつめ」を獲得してエンカウント率を上げる必要もなかろう。
おうごんのつめ
 あ、さっきの盗賊、ゾンビに囲まれてら。
 やっぱり「おうごんのつめ」じゃないか……。
 
 ってか、やっぱりゾンビかよ!
 なんかもー、ゾンビ遭遇率高いのぉ。
 
 でもおうごんの、じゃなくて金の爪は必要みたいだったね。
扉
 この扉を開けるために、爪に描かれた絵を参考に合わせなくちゃダメだったよ。
 
 
 
壁
 おや、これはサールザルで見かけた「似非大成施設」じゃないですかー
 同じようにまた何か吸収したけど、これって何も変わらないんだよな。
 ぼんやりしていたら、ジェイザルゴに先に大成されてしまうぞ!
 
 
 バタン!
 
 
 な、何だ?
ぞんび
 最後の最後までゾンビかああぁぁぁぁ!

 
 
 
Sponsored Links



 

 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記