home > 投稿 > > Ripple 第四十四話 ワーカホリック

Ripple 第四十四話 ワーカホリック

 
Ripple ~ブルーシールへようこそっ~
 
 
第四十四話あらすじ
 由里己のアシスタントとして、連日激務に励む惣一。
 からかわれて気分転換にされたり、延長で仕事を依頼されたり、息つく暇も無い。
 いつしか仕事を面白く感じるようになってきた惣一は、由里己に追いつきたいと思うようになるのであった。
 
 実際のプレイ


注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 サラリーマンの物語ですね、これは。
 個人的に、嫌なことを思い出してしまう話でちょっと苦手になってきた。
 由里己さん自身は悪くないキャラなんだけど、物語の設定がちょっとね……
 あ、でもチェーンスモーカーというのはちょっとマイナスw
 煙草はちょっとね……、嫌煙ってわけではないのだけど、ちと話をすると、自分は一軒家に住んでいるのですよね。
 それで、自分は全然煙草は吸わないのですが、たまに喫煙者の父が泊まりにくることがあるのです。
 それで気を使って外で吸ってくれるのですが、部屋の中で吸っていなくても、帰った後に何故か家の中が煙草臭くなります。
 毎回帰った後にファブリーズを家中に噴射していたりするんですよね。
 喫煙者って、吸っていなくても身体に煙草の匂いが染み付いていて、それはどうやっても消えないみたいなんだよね。
 それがちょっと嫌かな……
 
 さて惣一ですが、由里己さんに感化されたのか、仕事が楽しくなってきたようです。
 楽しく思える仕事につけたのは羨ましいですね、自分なんて仕事で楽しいと思ったことは一度も無いや、あくまで生活のためですね。
 でも惣一は、仕事中毒になったりするかもしれませんねぇ。
 ん~、これはやっぱりちょっと苦手な物語かも……
  
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記