home > 投稿 > > Ripple 第二十五話 圭衣の失踪

Ripple 第二十五話 圭衣の失踪

 
Ripple ~ブルーシールへようこそっ~
 
 
第二十五話あらすじ
 病気が治り、職場復帰した惣一。
 日常が戻ってきたある日、圭衣は車椅子の少女を見て、何故か逃げ出したしまうのだった。
 ブルーシールに出てこなくなってしまった圭衣を心配して、家まで訪ねていく惣一。
 無意識のうちに人との触れ合いを求めている、必ずみんなと打ち解ける。
 惣一は気軽に考えていた。彼女の傷の、その深さも知りもせずに……

 
 実際のプレイ


注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
今回、過去のトラウマのようなもので圭衣が失踪してしまう。
 いよいよ圭衣の物語も盛り上がってきました……ってところだけど、圭衣のイメージからどうしても盛り上がれないのは仕方ないところか。
 車椅子に嫌悪感を示すって、過去に大きな怪我でもして車椅子の世話になり、その時の暗い気持ちでも思い出していたのだろうか?
 しかし、そろそろ隼人が出てくるタイミングだと思うがw

 今回のパートでは、何枚かの一枚絵が出てくるけど、ちと疑問に思ったことを一つ書いておこう。
 なんでこういうゲームの一枚絵って、絵の構図がナナメになっているのだろうか?
 自然と首をかしげてしまうのだが……

 今回の話で、圭衣が殻に閉じこもっている理由を聞くことができる。
 その内容は……、う~ん、今回はノーコメントで。
 ちょっと苦手な話なので、いまいち感想が頭に浮かばない文章にもし辛い。
 言うならば、ヤマアラシのジレンマ? いや、違うか? わからん。
 
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記