home > 投稿 > > Ripple 第九話 いつまでも守ってやる

Ripple 第九話 いつまでも守ってやる

 
Ripple ~ブルーシールへようこそっ~
 
 
第九話あらすじ
 ライバルのアミーズメントパークへのスパイを命じられた惣一と奈海。
 カップルのフリという前提で始めたものの、その内容はほとんどデートそのもの。
 雨に負けるな、風にも負けるな
 スパイ行動だったはずが、二人は良い雰囲気になり……
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 ここでぐっと物語が進展します。
 内容は、前回のパートから引き続いて、奈海と一緒にライバルのアミューズメントパークへの視察。
 定番の手作りお弁当イベントで、惣一はあることに気が付きます。つい最近どこかで食べたことのある味と同じだと……。
 奈海も、どこで料理を習ったかは、話すのを躊躇している。何かの伏線なのだろうか。
 
 結局夕方まで遊んでばかりで、視察のほうは一方にはかどらず、惣一はあとで由里己に怒られることを覚悟する。
 しかし、この視察計画自体が、奈海が由里己に仕組んでもらったもので、最近冷たいと感じている惣一に理由を聞いてまた元にもどれたらいいなという奈海の願望あってのものだった。
 奈海の思惑通り惣一は思っていたことを語るが、それほど気にするものなのかな。
 まぁ自分が惣一ほど悲惨な人生を歩んでいるわけではないので、そこは分かりにくいのかもしれないけどね。
 
 その後、あおいと惣一の関係も少し触れられる。
 奈海は、惣一と過去一緒に過ごしていたあおいのことを気にしているようだ。
 惣一はあおいに未練がある風に装うが……
 やはりパッケージデザイン通り、奈海とあおいがキーパーソンっぽいね。
 奈海とのキスシーンはカットでデートイベントはおしまい。
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記