home > 投稿 > > Ripple 第七話 ブルーシール開幕!

Ripple 第七話 ブルーシール開幕!

 
Ripple ~ブルーシールへようこそっ~
 
 
第七話あらすじ
 ブルーシールでの研修は続いている。
 接客の研修を通じて、奈海との昔の思い出「楽しい循環」を思い出す。
 奈海につきまとう一条隼人の嫌味に、惣一はみじめな気分になってしまう。
 そして8月4日、研修は終わり、いよいよブルーシールがオープンすることになった。
 
 
 実際のプレイ


注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 展望カフェで、穂永圭衣の居残り研修に付き合っている奈海だが、圭衣の性格上、接客自体無理があるような気がする。
 内気で寡黙な少女という設定のキャラを出すのは良いが、舞台に合ってないと思うんだよね。
 とりあえずやっていくなら、雑貨屋ぐらいならなんとかなるんじゃないかな。
 奈海は、その圭衣を励ます目的で「楽しい循環」を取り上げるが、それは惣一からの受け売りで、昔の思い出だったりする。
 
 次の場面では、一条隼人が奈海と親しくしている場面に出くわしてしまう。
 ここで奈海を待つか、さっさと帰るの選択肢が出てくるが、帰ったらルートから外れてしまいそうなので待つを選択する。
 雄二と違って隼人はライバルキャラ的ポジションなのだろう。ここでは惣一は、敵わないとみて惨めな気分になってしまう。
 まぁ今は隼人に良い思いさせて力を最大限に引き出して、最後にはそれ以上の力で勝つという風車の理論ということで(謎
 
 8月4日で研修は終わり、この日からブルーシールは正式にオープンとなる。
 開始前に、全ヒロインと話をして奈海以外の制服姿は初めてみたけど、朝奈と夕奈は、やはりピー学生にしか見えんw
 アミューズメントパークの制服というより、学校の制服に見えたりするんだよね。
 全然関係ないけど、カノコって触覚が動くんだね(謎
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記