home > 投稿 > > 第七十二夜 メインストーリー53 ~再誕の日 その1 絶対令~

第七十二夜 メインストーリー53 ~再誕の日 その1 絶対令~

 
 ファンタシースターオンライン2プレイ日記の続き、2022年11月5日分です。
 前回の話は、メインストーリーのエピソード2を見ていきました。
 今回も引き続き、エピソード2を見ていきます。
 
 今回の話は「再誕の日」で、バトル有りのストーリーです。
 概要では、「不可侵領域のマザーシップ中枢に、全てを解き明かす者達が、他ならぬシオンの導きによって踏み入った。目を逸らしてはならない。これまで入ってきた歴史の改変は、全てこのときのためにあったのだ」とあります。
 日付はA.P.238/7/7/9:00で、前回シオンとマトイと話をした30分後です。
 

 なんだか壮大な場所にやってきました。
 ここがオラクルの中枢、マザーシップの中心部へ向かう通路のようです。
 マトイはなんだか懐かしい気がすると言っています。
 ということは、以前に来たことがあるのでしょうか?
 

 そこにシオンがあらわれ、最後の依頼をしてきました。
 マザーシップの中枢に居るシオンに、何かをして欲しいようです。
 
 

 しかしその中枢近くには、ルーサーが待ち構えているようです。
 何やら待ち望んだ時が来たと言っていますが……
 

 シオンを理解することなんて、できるのでしょうかねぇ……
 
 ここでルーサーが部下を一気に始末する描写が入ります。
 利用するだけ利用して、必要が無くなればポイ捨てするのでしょう。
 ということは、テオドールも……?
 
 
 

 一方ラムリーザたち、ここでブリギッタから通信が入りました。
 どうやら敵性存在がマザーシップへ侵入した模様です。
 
 反応が遅いような……、ルーサーは既に中枢近くまで行っているぞ?
 

 そこに、レギアスが突然割り込んできました。
 ヒューイの格闘大会の時と言い、六芒均衡は番組ジャックが好きなのでしょうか?
 
 レギアスが言うには、敵性存在は不可解な外部組織との接触を持っていたとのこと。
 

 その時の映像が、サラのような気がするのですが、大丈夫でしょうか……
 

 いや、それはちょっと待ってくれ……(。-`ω´-)
 
 ものすごく心当たりがあるけど、アークス全体にラムリーザのサポートパートナーはバニーガールですと暴露するのですか?
 それはちょっと……、嫌すぎる!(^ω^)
 

 あ、それアフィンだから!(`・ω・´)
 姉弟の再会を見ていただけ、私は知らん、知らんです!(`・ω・´)
 

 
 …………(。-`ω´-)
 
 そして、その者はアークスに多大なる貢献をしていたことも承知していると。
 それでもなお、アークスの敵性存在だと判断されたと言っています。
 
 
 ――ってか待って。
 そんなことをしていたのが敵性存在って……
 

 
 …………(。-`ω´-)
 
 

 そして、絶対令の影響なのか、アークスの瞳が怪しく光ります。
 ラムリーザ抹殺指令、まるでオーダー66みたいだな……(謎)
 
 

 侵入者はルーサーではなく、ラムリーザだった!(`・ω・´)
 なんだか訝しむマトイの視線が痛いよぅ……(´・ω・`)
 
 
 シャオは、ルーサーにしてやられたと言っています。
 どうやらこれは、ルーサーによって仕掛けられた罠だったようです。
 

 マトイは味方をしてくれるようですが、先程の放送ではあなたを助けたこともマズかったみたいだけどね。
 まぁ歴史改変は、見方によっては悪い事と取れるでしょう。
 例えば未来の自分がスポーツ年間を持ってきて――なんでもない。
 
 

 とにかく先に進むしかありません。
 
 送り込まれたアークスにやられるのが先か。
 それとも全てを仕込んだルーサーを退治するのが先か。
 
 
 
 続く――
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2023 らむのゲーム日記