home > 投稿 > > 第七十夜 メインストーリー51 ~情報は漏らさない!、雰囲気の変化、ぴりぴりぞくぞく羨ましい、クラリッサの秘密?、いわくつきのクラリッサ、本当の世果とは……!~

第七十夜 メインストーリー51 ~情報は漏らさない!、雰囲気の変化、ぴりぴりぞくぞく羨ましい、クラリッサの秘密?、いわくつきのクラリッサ、本当の世果とは……!~

 
 ファンタシースターオンライン2プレイ日記の続き、2022年11月1日分です。
 前回の話は、メインストーリーのエピソード2を見ていきました。
 今回も引き続き、エピソード2を見ていきます。
 
 
 今回は主にサブストーリーとなっていて、まずは「情報は漏らさない!」という、パティとティアの話から行きます。
 場所は惑星アムドゥスキアの龍祭壇となっています。
 

 今回もまた変なコントから始まるのかな? と思ったけど、そんなことはなくてそれでもティアに突っ込まれるところから始まり。
 
 今回は、何やらラムリーザがアークスにとって不都合なことをやらかしたか? と聞いてきました。
 死んだことになっているゼノやウルクを歴史改変で救出したりして心当たりがありまくりですが、ここではとぼけているようです。
 なんでも、この情報屋二人に、ラムリーザの情報を聞かれることが増えたようで。
 そのことで本人に直接聞けば良い事まで聞いてくるから、何かありそうだと感づかれたようです。
 
 ん~、やはりバニーガールを部屋に匿っているとかバレたのかな……(。-`ω´-)
 
 
 続いて「雰囲気の変化」で、イオの話で場所は惑星ナベリウスの森林です。
 

 ん、こいつもいろいろと感づいている模様。
 なんでも空気の変化がよく分かるようで、何か不都合なこととかに踏み込んでいて煙たがられていそうとか言っています。
 ゼノとウルクが生きていることで、どこまで歴史が変わるのかまだわからないけどね。
 
 
 次は「ぴりぴりぞくぞく羨ましい」で、遺跡エリアにおけるリサちゃんとの話です。
 

 真子さんみたいな話し方しても、リサちゃんが野蛮人だと言う事実は覆りません(`・ω・´)
 

 そして燃える闘魂に早変わり。
 傍に居たくないけど遠くから見ている分には面白いリサちゃんであった。
 
 リサちゃんも、アークスの内部で何か異変が起きていることを察しているようです。
 でもそれがラムリーザを中心とした騒動だということが分かる程度で、詳しくはまだわかっていない模様。
 まぁイオもリサもあまり関係ないですからね。
 エコーとかテオドールがどうなるかが、今後の関心点となっています。
 
 
 次は「クラリッサの秘密?」で、森林エリアにおけるパティとティアの話です。
 

 このパティの台詞でいやらしいことを想像した人は、座布団全部没収!
 
 正解は「ク」の持っていたクラリッサのこと。
 クラリスクレイスの持っていたクラリッサ、早口言葉か何かかな?
 ロッド型創世器の、白錫クラリッサのことでした。
 
 確かクラリッサって、ゲッテムハルトが盗み出してダークファルス巨躯の復活に使った杖だったような気がするけど、なんで「ク」が持っているのだろうね?
 気になったので、以前書いた巨躯復活の辺りを読み返してみたけど、確かにカスラがメルフォンシーナの使っている杖を見てクラリッサと言っています。
 どういうことだろうねー。
 
 二人の情報では、クラリッサは10年前に紛失したそうです。
 だから、今代のクラリスクレイスが所持しているのは偽物だと言うのです。
 
 
 ニセモノかよ!( ゚Д゚ )
 
 
 これだから「ク」はややこしい(。-`ω´-)
 でもそれだとやはり本物は、巨躯の復活に使われたということでしょう。
 どうやらラムリーザが破片を集めてきて、ジグに修復してもらったことまでは、この二人は情報として掴んでいない模様。
 
 さらに情報では、クラリッサは持ち主を選ぶ特別な創世器だそうで。
 メルフォンシーナは使いこなしていたみたいだけどね。
 
 
 続いて「いわくつきのクラリッサ」という話で、ショップエリアにおけるジグとの話です。

 ジグも、白錫クラリッサはクラリスクレイス専用器と言われるロッド型の創世器だと知っているようです。
 少し前にあなたが修復した武器なのですけどねー。
 

 あー、名前や存在は知っているけど、それがどんな物であるかまでは知らないでしたか。
 
 そう言えばテミスの襲撃。
 あれは混乱に乗じてクラリッサを盗み出すが目的だったのか?
 それとも混乱に乗じてウルクを始末するのが目的だったのか?
 
 誰がどんな思惑で動いているのか混乱してきたぞ……(。-`ω´-)
 

 だから、メルフォンシーナが使っても、巨躯の封印を解くのが精一杯で、正当な所有者が使う本来の力はどんなものなのかわからないようです。
 あの「ク」に使わせるのか、なんがやだなー……(´・ω・`)
 
 
 
 続いて「本当の世果とは……!」で、遺跡エリアにおけるパティとティアの話です。
 サブストーリーばかり追いかけているけど、ほとんど現状の説明回になっているね。
 まぁいろいろと物語が急激に動いたので、ちょっとクールダウンと言ったところでしょう。
 
 今回も創世器についての話で、次はレギアスの所有する世果についてです。
 レギアスが戦っている所をまだ見ていないので、どんな物かはわからないけどね。
 

 いや、刀を英語読みしたらソードになるのじゃなかったっけ?
 エッグだと思った? 残念、卵でした! って言われても困るがな……(。-`ω´-)
 
 これはレギアスだけが使っていた新しい武器種だそうです。
 でも普段は牽制目的で持ち歩くため、本当の力を封印しているというのです。
 そして武器種を改変登録して無理矢理ソードとして使用することで丁度よいそうです。
 クラリッサしかり世果しかり、本気を出さずにウォーミングアップが好きなようで……
 それに、別にカタナならばソードとして登録しても誰も文句言わないと思うけどね。
 
 棍棒を背負い込んで、これは弓だこれは弓だと吹き散らかしたら、とりあえず狂人先覚者呼ばわりされると思うけど……(。-`ω´-)
 
 
 あ、でも――
 
 サーベルは剣ですか? 鈍器ですか?
 
 
 
 答えは鈍器です(タイガー・ジェット・シン(謎))
 
 
 
 
 こほん(。-`ω´-)
 

 もうレギアスがダークファルスでいいよ(´・ω・`)
 
 巨躯よりも、むしろ世果を封印しなされ。
 なんだかギャラルホルンの武器版みたいだねー。
 
 
 さて、パティとティアは、そんな危険な武器を誰が作ったのかな? とか考えています。
 本気を出したファーガスとかですかねぇ……(謎)
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2023 らむのゲーム日記