home > 投稿 > > 第六十六夜 メインストーリー47 ~おしゃれ?気分転換?、改変を始めよう、目的の整理、紡がれるは新たな歴史、目指した先に道は生まれる~

第六十六夜 メインストーリー47 ~おしゃれ?気分転換?、改変を始めよう、目的の整理、紡がれるは新たな歴史、目指した先に道は生まれる~

 
 ファンタシースターオンライン2プレイ日記の続き、2022年10月15日分です。
 前回の話は、メインストーリーのエピソード2を見ていきました。
 今回も引き続き、エピソード2を見ていきます。
 
 
 今日はまずは「おしゃれ?気分転換?」からスタートです。
 登場キャラはサラで、場所は惑星アムドゥスキアの龍祭壇です。
 

 じっくり見るとなんだか髪型が変わったような気がします。
 タイトルがそうだったので意識して見たけど、以前はポニーテールだったようなうろ覚え。
 

 選択肢で髪型と服装聞かれたけど、髪型が気になったのでそちらを選ぶとこの回答。
 やっぱり変わっていたんだ。
 でも気分転換だったようで、次には直して来ると言っています。
 別に今のも良いけどなぁ……
 
 
 そして「改変を始めよう」に続きます。
 場所は???で、登場キャラはシャオです。
 日付はA.P.238/4/1/12:10で、これはゲッテムハルトがダークファルス化して、ゼノとカスラが足止めをするからその隙に逃げろの地点です。
 

 アナログテレビの砂嵐のような場面で、シャオの声だけが聞こえます。
 これがタイムワープというやつなのでしょう。
 

 そして場所は???になっていたけど、惑星ナベリウスの遺跡エリア、シャオの言葉通りにサラが居る場所へ行くと、マリアも居ました。
 台詞からして、過去のサラなのでしょう。
 髪型もやはりポニーテールです。
 服装は変わっていないと思うので、先程の話では髪型に触れるのが正解だったのでしょう。
 
 そして、ラムリーザによる歴史の改変が始まりました。
 でも時間から言うと、ゲッテムハルトが乗っ取られた後なのだよね。
 この地点だと、ダークファルスの復活は阻止できないが……
 
 
 そして「目的の整理」という話に続きます。
 登場キャラはサラとマリアで、場所は惑星ナベリウスの遺跡エリアです。
 日付はA.P.238/4/1/12:20で10分経過。後でカスラから聞いた話から、ゲッテムハルトがゼノを追跡している頃でしょう。
 

 未来から飛んできたラムリーザ、シャオからいろいろ話を聞いている過去のサラと違い、マリアは何が起きようとしているのかわからないので、目的の整理が始まりました。
 
 まずサラはシャオから増援が来るとしか聞かされていない。
 そしてラムリーザは、何かをして欲しいとしか言われていない。
 その何かは分からないけど、マリアはタイミングが遅いと言います。
 
 そうでしょうねぇ……
 

 時刻から言って、もうダークファルスは復活してゲッテムハルトは肉体を奪われている時刻です。
 
 しかし、サラがシャオから聞いた話では、封印自体は解かれなきゃいけないと言うのです。
 封印が解けないとルーサーが表舞台に出てこない、このためには必要なことだと。
 
 ならば? とマリアは問います。
 ダークファルスの復活を止めるのが目的でないのだとしたら、今回課せられた目的は何かと。
 

 ダークファルスは撃破できないと何度も聞いているので、アークスの救出かな?
 

 ダークファルスと交戦中のアークス救出。
 となるとゼノとカスラ、この場合行方不明になったゼノの救出ということか……
 
 
  
 そして戦闘有りのクエスト「紡がれるは新たな歴史」に繋がります。
 クエスト概要に「その目的はただひとつ。あの日、消息を絶った彼を救うことにある」となっています。
 ゼノ一人を救出して戦況がどれほど変わるのかはわかりませんが、これはシャオの言っていた結末を変えるこのとできる証拠を見せるためなのでしょう。
 これでシャオの力を知り、彼を信用することになると。
 
 日付はA.P.238/4/1/12:30で、さらに10分経過。
 

 改変前の歴史だと、ここでゼノがやられてしまったような流れです。
 

 しかしここでは、止めを刺しに来た巨躯の前に、マリアが立ちはだかります。
 ここがラムリーザじゃないところが、相変わらず第三者視点を徹底しているなぁ、とw
 普通主人公が活躍する場面だよねー。
 
 
 俺の名前はラムリーザ、歴史の傍観者(^ω^)
 
 

 ゼノの救出に間に合ったようです。
 後はタイムパトロールに捕まる前に脱出しましょう。
 

 えっ? マリアって何歳?
 
 ――などと、どうせ主人公じゃない歴史の傍観者だから、空気の読めない台詞も平気で口にできます(^ω^)
 
 10年前以外にも、40年前があったのだね。
 ここでしばらくの間マリアと巨躯の間で会話が続きますが、ゼノの回復を待つための時間稼ぎかもしれません。
 その40年前の戦いでは、このマリアとレギアス、そしてアルマとカスラが戦ったようです。
 レギアスは初代のまんま、カスラは現在二代目というからこの戦いでは初代なのでしょう。
 アルマは誰だ? ラムザの妹か?(謎)
 

 そんなわけで、巨躯との戦いが始まりました。
 今回もマリアという壁が居るから大丈夫でしょう。
 

 マリアとサラを壁にして、落雷攻撃を叩きこんでやります。
 プレイ中は適当に雷攻撃を選んだけど、結果的に弱点を突いていたようです。
 ファルス・ヒューナル相手に5桁ダメージを出してバトル終了です。
 
 そして日付はA.P.238/4/1/12:50分、20分経過です。
 

 サラはチェーン攻撃しているようなので、ハンターなのかな?
 ハンターでプレイしている時、こんな感じの武器を使っていたよ。
 

 チェーン攻撃を回避されて反撃を食らいそうになったところに駆けつけたのはラムリーザ。
 あれっ?ラムリーザは歴史の傍観者なのになぜ出しゃばっているのだろうねー。
 
 
ラムリーザ「野郎を庇うのはつまんないけど、女の子だったらいくらでも庇うさ(^ω^)」
 
 
 ――きしょっ!
 
 

 お、なんだか巨躯、押されています。
 このまま改変ついでにこいつも撃破しちゃいそうな流れです。
 

 でも一番おいしい所を持っていくのは、主人公のマリアです(^ω^)
 歴史の傍観者は、その辺りでバタバタしているだけでしょう。
 

 しかし、あと一歩というところで仮面に邪魔されました。
 そういえば仮面もダークファルス側の敵でしたな。
 そんなのが物語が始まってチュートリアルが終わった直後に襲い掛かってきたのだから大変でした。
 

 そして結局巨躯は、本体を取り戻してしまうのであった……
 ま、ゼノを救出するといった目的は達成したので、深追いせずに撤退するのがベストでしょう。
 
 そして日付はA.P.238/4/1/13:10、20分経過です。
 

 ゼノが死んでしまう世界線は改変され、この世界線では生き残ってしまいました。
 これがどのように歴史が変わってしまうのでしょうか。
 マリアが言うには、ルーサーはゼノが生きていることは知らないのでチャンスになると言っていますけどね。
 少なくともエコーがハンターになることは無くなるでしょうなぁ……
 

 しかしゼノは、しばらく自分の存在は隠しておくようです。
 エコーにとって良い薬になると言っていますが、確かにエコーはエピソード1の時と比べて頼もしくなったと思います。
 ま、精々引っ張ってドッキリでも仕掛けてやりなさいな(^ω^)
 
 そしてその間、ゼノはマリアに鍛え直してもらうことになりましたとさ。
 
 
 次で一旦区切り、「目指した先に道は生まれる」です。
 登場キャラがシオンとルーサーで、ショップエリアでの話です。
 

 もちろん! 歴史の傍観者ですから!
 俺、この戦いが終わったら、プレイ日記という名のアークス戦記を公開するんだ!(`・ω・´)
 
 
 以上、歴史改変の話でした。
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記