home > 投稿 > > 第五十七夜 メインストーリー40 ~歌は好きだった、決意の叫び、最後のさよなら~

第五十七夜 メインストーリー40 ~歌は好きだった、決意の叫び、最後のさよなら~

 
 ファンタシースターオンライン2プレイ日記の続き、2022年9月6日分です。
 前回の話では、メインストーリーを見ていきました。
 今回も、引き続きメインストーリーを見ていきます。
 
 
 まずは「歌は好きだった」という、アイドルクーナの話です。
 日付はA.P.238/4/17と、ハドレッドと戦った2日後です。
 

 ここでクーナに、ステージの感想を聞かれたりしました。
 ん~、実はプレイ時にゲームの音は聞いていなかったりするのだよね。
 だから、歌が良いのか悪いのかはよくわかりません。
 それでも動きにキレはあったと思うので、そう答えておきました。
 

 よかった、喜んでもらえたみたい。
 でも、クーナはあまりアイドル活動は好きじゃないみたいです。
 アイドルの自分は、自分じゃないみたいな……
 

 それでもクーナは、歌だけは気に入っているようです。
 アイドルの自分は自分じゃないみたいだけど、歌声だけは自分のものだと。
 
 これは歌が良かったって答えた方がよかったかな?
 
 
 
 続いて「決意の叫び」で、追跡者クーナの話です。
 日付はA.P.238/4/22で、先ほどの話から5日経過しています。
 

 クーナがハドレッドに向けて、最後のメッセージを投げかける話でした。
 次で全てを始末するようです。
 

 ハドレッドもしっかり聞いていたようで。
 いよいよこの話も終わるのかな。
 
 
 
 そして「最後のさよなら」に続きます。
 バトルありのストーリーで、クーナとハドレッドの最終決戦のようですね。
 日付はA.P.238/4/23/13:30で、先ほどの話の翌日で私の誕生日です。
 

 浮遊大陸にて、アキからの伝言でした。
 ライトは以前逃げ出して以来、もう全然出て来なくなったね。
 

 クーナと合流するために先に進んでいると、龍族とダーカーが戦っていました。
 アキからの通信で、龍族を援護して欲しいとのことだったので、爆発に巻き込まれないよう接近戦で終わらせたりしました。
 

 ここなどは、キャタドランサとウォルガーダが重なり合って戦っていたりするので、龍族を援護するのが大変だったり。
 

 それでもなんとか援護してあげると、龍族の同胞だと認めてくれました。
 まぁラムリーザはドヴァキンだったりするので、もともと龍の血筋なのですけどねっ。
 
 でも多分途中で龍族を倒しまくってたら、ここでそっぽを向かれるのだろうなぁ……
 

 そして日付はA.P.238/4/23/14:00となり、最奥部でハドレッドと対峙です。
 なんだか腹が青白く膨らんでいるけど、蛇みたいに卵でも食べたかな?
 割られるならその前に食べてしまえ精神で……
 

 観客は二人か、十分だね。
 例えばアントニオ猪木vsマサ斎藤などは、巌流島で観客0人で戦ったと言います。
 さらにyoutuberの中には、参加者0人でオフ会を楽しんだ猛者が居る――とか居ない――とか……(。-`ω´-)
 

 あなたも六芒均衡でしたか。
 これでレギアス、カスラ、ク、ヒューイと合わせて5人出てきたことになるのかな。
 残りの一人は誰だろう?
 マリアかな?
 
 

 そしてハドレッドとの最後の戦いが始まります。
 弱点は光属性のようですが、あえて闇属性攻撃で戦ってあげます。
 ハドレッドに「弱点を突かれたから負けたんだ」などと言い訳をさせないために、正々堂々と得意分野で戦ってあげるのです。
 ただし、クーナに壁になってもらいますが……(。-`ω´-)
 
 

 戦いが終わった後、ハドレッドはクーナに歌を求めてきました。
 
 よろしい。
 選別に金太〇大冒険を歌ってあげたまへ(^ω^)
 
 

 クーナは、この歌はあなただけのために、などと言っています。
 ハドレッドだけの姉の、ハドレッドのためだけの、歌か……
 
 
 なるほど――
 

 こういうことですね(謎)
 
 
 

 そしてスタッフロールが流れてENDでした。
 二人の写真は、過ぎ去りし良き時代って感じです。
 
 ようやくエピソード1も終わりかなと思ったけど、まだ続くみたいでした。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記