home > 投稿 > > パルフェ 第百十四話 絶望

パルフェ 第百十四話 絶望

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第百十四話あらすじ
 
 失踪した美緒を探して、仁は再びSAWAへと赴いた。
 そこで都と話をしている最中、美緒が公衆電話からかけてくるのだが――?
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、前回の話の結果ショックを受けた美緒が失踪してしまい探し出す話。結局また失踪ネタだよ、なんだか多いなー。
 まあそれでも、少し都と和解したような感じになっているのかな? 怪我の功名というかなんというか。
 出だしは里伽子バッドの町で、いかにもバッドエンドみたいな感じで始まってしまうけどね。
 それよりも、今回の話では仁はメタ的なことを考えたりします。美緒に関わらなければ、彼女は幸せだったかもしれないとかね。
 確かに他のヒロインの世界線では、美緒はファミーユを去ることもないからね。都との喧嘩も無ければ日本選手権の話も無い。
 美緒編だけでなく、由飛編では仁が絡むとピアノ怖い病にかかり、玲愛編では本店に戻るの嫌だとなり(かすり編のラストでは玲愛はまだ居る)、かすり編では姉が視察に来る。
 なんだかこいつは疫病神みたいだなと思っていた矢先に、「ほんと、疫病神ですね」と語るのだからなぁ……
 まぁショコラの大介も似た様なものか、美里編では父親が連れ戻しに来るし、真子編香奈子編では失踪させ、翠編では三角関係をこじらせる。
 でもそういえばFOLKLORE JAMの古都編では家に帰られなくなったり、ままらぶでクリスティーナ編では刺客が襲ってきたりと、全部同じか……
 なんかショコラやパルフェには誰も選ばないエンドもあるけど、結局あれが一番平和なのではなかろうかねw
 
 それはそうと、テレホンカードとか懐かしいものが出てきますね。
 今の時代、みんな携帯電話所持していて、公衆電話とか使わないでしょう?
 自分に知っている公衆電話を挙げろと言われてもわからんぞ?
 ざっくりと自転車で移動できる範囲内を思い返しても、そこに公衆電話、電話ボックス? この存在は無いような気がする。
 でも調べてみたら、市街地では500m~1kmの間に一台設置するのが決まりみたいなの書いていた。
 ん~、意識して無いから記憶に入らないのか、自分の住んでいる場所が市街地ではないからなのか。恐らく両者が原因だろうけどね。
 
 
 美緒編はStandard Edition版だけでオリジナル版には無いので、変更点探索の話は無しです。
 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記