home > 投稿 > > パルフェ 第百十話 惨敗

パルフェ 第百十話 惨敗

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第百十話あらすじ
 
 いよいよ美緒の参加するバリスタ日本選手権大会予選の日がやってきた。
 ファミーユのメンバーは、美緒の活躍を期待しているのだが――?
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、バリスタ日本選手会予選当日の話です。
 まぁ前回セーブデータからこの「惨敗」というタイトルが分かっていたので、結果はなんとなくわかっていましたけどねw
 プレイ中断するタイミングで次の話のタイトルが分かってしまうのですよね。ちなみに次の話は「傷ついたプライド」です。まぁなんとなく展開の予想だけはできる。
 
 さてこの話では、美緒っちまさかの予選落ち。ブック破りの結果に里伽子は人間不信と残して失踪。
 猪木IWGPでハルクホーガンにまさかの敗北。ブック破りの結果に坂口は人間不信と残して失踪。
 ……何を書いているのだろw
 それにしてもショコラのさやかは優勝とは行かなくても準優勝はできたのに、今回の話の美緒は気の毒というか何というか。
 その結果、仁と都の間の溝が深まった感じになっているし、悪い方へ悪い方へと話が進んでいる気がする。最終的には都と和解すると思うのですけどね。いや、してくれないとハッピーエンドとは言えないでしょう、美緒との関係だけが構築できただけでは。
 
 それはそうとして、味が濃いってのがなんだか目立っているような気がする。
 今回の試合結果でも「センサリーが濃い」言われていたし、前回の話でも明日香が濃いって言ってたし。(記憶では恵麻だったけど、見返してみたら明日香だったw)
 さらに言えば、その前の正月明け仁の部屋での話でも、仁は「少々濃い口」と感じているのに、美緒は「薄味かな?」と言っているのですよ。
 なんだかこの辺りの濃い薄いの話が、ちょっと引っかかっているポイントだったりして。
 不安定なテイストとか、由飛批評の変は抽象的だからこの場合置いておくとしてね。
 んでもってセンサリーの意味がわからんので調べてみた、感覚か。この場合味の話だから、味覚ってことか。美緒は味が薄く感じる人ってことかな?
 そういえば、かすりがわさび入りケーキで悶絶した時も、同じケーキ食った美緒は平然としていたような……
 
 そんでもって、敗北のショックからか美緒は失踪したっぽい。
 これってバレンタイン・フェアの敗北のショックから失踪した瑞奈と同じだな、全く……
 なんというか失踪ネタ多いな、真子、さやか、香奈子、恵麻、かすり、瑞奈と来て美緒、お前もか。
 とりあえず今のままだと、都の言うように「あの子が考えているほど、世界は優しくもなければ甘くもない」ということですね……
 
 あ、ここでふと思ったけど、他の人の世界線だと美緒はクリスマス後もファミーユで働いていたな。
 つまり美緒編でしか引き戻されないのか。都もここでしか出てこないからね。
 
 
 美緒編はStandard Edition版だけでオリジナル版には無いので、変更点探索の話は無しです。
 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記