home > 投稿 > > パルフェ 第百四話 メイド服挑戦

パルフェ 第百四話 メイド服挑戦

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第百四話あらすじ
 
 アンケートを取ってお客様からの要望はできる限り早く応えること、これは美緒が提案した今後の改善策を考えるためのアイデアである。
 そしてその要望で一番多かったのは、バリスタの人のメイド服姿が見たい、なのであった。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、美緒のメイド服が見られる以外は基本的にいつものノリの茶番劇。
 ちなみに余談になりますが、以前ショコラのプレイ日記をつけた時は、本編全部で104話で終わりました。しかし今回はまだ残り三人、全体のボリュームが大きくなっているね。
 流れとしては朝礼の流れで美緒がメイド服を着るという展開に。しかしHRとか記憶にないな、どんなだったのだろうか? とくに高校のHRの記憶が全くないぞ? 小学校のHRはかろうじてなんとなく覚えているけど……
 んでもって美緒のメイドだけど、勇ましいメイドはやっぱり翠だよね。いや翠が勇ましいのは大介の前でだけで、客の前では本性を隠していたけどねw
 というわけで、美緒がメイド服披露してくれて、それを仁が見てどうこうという話で、まあ珍しいものが見れたってところですね。
 次の話からは、メイド服で登場するのかな?
 それはそうと恵麻さん、「育てたつもりはない」などと言っているから、雑誌に「お母さん」と書かれるのですよ、とw
 
 さて最後にここで二択。あなたはどちら派ですか?
 
「胸なんて飾りです! 偉い人にはそれがわかんないんですよ!」(風見由飛談)
「貧しい胸がいいなんて、そんな歪んだ発想は、人として何かを失って生まれてきた奴らが持ってる、病的な発想だ!」(本多惣一談)
 
 
 美緒編はStandard Edition版だけでオリジナル版には無いので、変更点探索の話は無しです。
 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記