home > 投稿 > > パルフェ 第百三話 売り出し大作戦

パルフェ 第百三話 売り出し大作戦

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第百三話あらすじ
 
 ある日、ファミーユは雑誌社からの取材をうけることとなった。
 そこで美緒は、バリスタ日本選手権で一位を狙ってみると大きく出るのだった。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、これまた前作ショコラであったイベントを彷彿させるような話です。
 どうも美緒編は、美緒のキャラ付けからして前作のオマージュを強く感じる話ですね、今の所。
 というわけで、雑誌紹介の話です。前作では美里の家出がばれるきっかけとなったり、さやか編では重要な話になったりしていました。
 そしてこの話で、美緒編個別に入ってからの流れが一つ見えたような気がします。
 年明けにバリスタ大会の予選があるということは、クリスマスイブで共通パートが終わった後の最初のイベントがこれということになるのでしょう。
 その大会の結果でどうなるか、といった話になるのではないかな? バリスタと言えば攻城兵器が真っ先に頭に浮かぶのが困りどころですが……
 しかしなんかこの美緒編では、どうも恵麻が乱暴になっているような気がする。所謂折檻モードね、他の話ではこんなの無いよね。
 あと、美緒は車持ってたはずだけど、普通に駅に行ってるね。車で通勤しないのかな?
 
 余談になるけど、ここでちょっとコーヒーについて調べておいた。元々ほとんど飲まないし興味なかったので、あまりにも知識がなさすぎて話についていけないこともちらほら。
 まずコーヒーの成分は酸味成分と苦味成分、そういえば酸味を抑えて苦味を増したほうがファミーユの味だとか言ってたな。
 そしてコーヒーの味の違いが何によって起こすのか分からないので調べてみたら、ふむふむ、豆を潰す時の大きさ、小粒だと苦味が強く、大粒だと弱くか……
 またお湯の温度でも変わり、熱ければ苦くなく、ぬるければ苦いのか。あとは抽出時間とか粉の量とか出てきたな。
 なるほどね、バリスタはこういった調整をいろいろやって、いろいろな味を作り出しているということか。
 うん、全然知らなかった世界だw
 とりあえずコーヒー豆、インスタント共に、お湯を入れて抽出するようなタイプはこれまでの人生で一度も買った事がありません!
 牛乳みたいなパック入りのならあるけどね、明○コーヒーみたいな牛乳入りの甘いやつ……
 
 
 美緒編はStandard Edition版だけでオリジナル版には無いので、変更点探索の話は無しです。
 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記