home > 投稿 > > パルフェ 第九十五話 決戦バレンタイン!

パルフェ 第九十五話 決戦バレンタイン!

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第九十五話あらすじ
 
 バレンタイン・コンテストが始まった。
 かすりは恵麻と勝負をし、そして仁はかすりにようやくここで愛の告白をする。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、バレンタイン・フェアのイベントの話です。
 なんだかプロレスみたいだね、と。料理プロレス。
 この話、リプレイ開始前はあまり覚えてなかったのよね。だから昔初見でプレイしたときどう思ったのか覚えてないです。
 リプレイ途中でバレンタイン・フェアの話があったことを思い出したけど、なんというか、恥ずかしいやり取りをマイクを使って大声でなんともまぁ……ですねw
 見ていて普通に面白いのですが、なんでかすり編は昔の記憶ではネガティブなイメージしか残ってなかったんだろうか、不思議だね。
 まぁその記憶を面白い話で上書きできてよかったと思います。

 
 
 さて、今回もオリジナル版とStandard Edition版(SE版)で異なる部分を見ていきましょう。
 まずは伏せ字ネタから、オリジナル版では「○っちの料理ショーかよ」という部分が、SE版では「どこかの料理対決番組かよ」に変わっています。なんだろうこの伏せ字は、わからなかったので調べてみたら、「どっちの料理ショー」とか出てきた。見たこと無いからわからんなぁ。
 そして料理対決後のかすりの台詞で、「わたしの処女を奪っておきながら、ちゃんと好きだと言ってくれないろくでなしで」の一文がバッサリカットされています。まぁこれはいろいろと仕方ないし、カットされた理由もわかりますね。
 その流れで、マイク合戦の時の野次が一部「お前が処女奪ってポイ捨て男か」が、単純に「ひっこめ~」だけになったりしていますね。
 この辺りは全部えっちシーンを無くしているためで、仁の台詞も「あんなこと」が「キスなんて」に変わっていたりします。キスまでOKの制限が入っているからね。
 次は「ベッドでなんか妙に先走るというか耳年増というか。俺としたあの時が初めてだった」の部分が「今思えば積極的なキスもかなり乱暴というか自棄くそ気味だった。確かに耳年増な不慣れ」などと、あくまでキスだけを貫いておりますな。
 後は美緒と橘さやかの台詞が追加されているってところかな。

  
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記