home > 投稿 > > パルフェ 第九十一話 つまずき

パルフェ 第九十一話 つまずき

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第九十一話あらすじ
 
 年明けの休日、かすりは仁に初詣に行こうと神社へと連れ出す。
 そして昼食に向かったキュリオ本店で、かすりは橘さやかに影響を受けて、ケーキ作りへの情熱を高めるのであった。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、年が明けてからの話で、かすりといろいろデートして回る話になってますね。
 オリジナル版では初詣に行こうと最初言っていたのに、まあそういうことで結局どこにも行かなかったわけですが、話がまるっと変更されていて初詣に行ったりいろいろでした。
 前回が淡々と終わったなと思った分、今回は結構楽しめる話となっています。
 まず本当に初詣に行くのですが、神社の背景絵が新たに作られていますね。初めて見る絵なので、どこかからかの流用ではないと思います。
 そしてショコラではなじみだった駅前や、キュリオ一号店が登場したりします。個人的には真子さんに出てきて欲しかったけどw
 キュリオ一号店の外観にさやかだけが立っている場面が出てきますが、そこだけを切り出すとまるでショコラをプレイしているような錯覚が。
 でも出てくるウェイトレスは、完全に新キャラってところですね。翠でも真子さんでもなかったし。
 
 それよりも今回の話ですが、「この人のことを素直に受けきれない」とか、「前の男と付き合っていた時」とか仁が考えたりします。
 それらを合わせて「うじうじした気分になりそうな自分」という表現で、以前プレイした時の雰囲気がなんとなく思い出されたり。
 仁は仁で前の男なんたらかんたらでうじうじしていて、かすりはかすりでリカちゃんがリカちゃんがとうじうじしていて、そんなだったと思う。そしてそんな二人の様子にイマイチ盛り上がれなかったり……だったかな?
 まぁでも今回の話は、新しい場所や懐かしい場所、人が出てきたりして楽しめましたよ。
 
 ところでこの話のタイトルである「つまずき」だけど、この新展開のどこにつまずきがあったのだろうか?
 橘さやかに敵わないなぁとかすりが思った部分がそう当たるのかな?
 
 
 さて、今回もオリジナル版とStandard Edition版(SE版)で異なる部分を見ていきましょう。
 まずは、クリスマスの夜にしちゃってないので、「しちゃってから」が「キスしてから」に変わっていますね。
 それから次に、全部書き出すと長いので概略だけ書くと、朝○ちの件が仁のパジャマの話にごっそり書き換えられています。まぁこれは仕方ないか。
 そしてオリジナル版ではかすりは服を全て脱ぐけど、SE版ではかけていた上着だけを脱ぎます。その流れで、次に布団の中にかすりが潜ってくるわけですが、オリジナル版では裸だったのがSE版では服を着ているよう一枚絵に変更が加えられていますね。
 その後は、オリジナル版では年齢制限の入る行為に進むので、SE版での新展開で初詣に行ったりする話になっています。
  
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記