home > 投稿 > > パルフェ 第八十八話 姉襲来

パルフェ 第八十八話 姉襲来

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第八十八話あらすじ
 
 営業終了間際のある日、突然かすりの姉である紬がファミーユへやってきた。
 紬は、仁とかすりが上手く行ってないというのなら連れて帰ると言い出したが――?
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、突然かすりの姉がファミーユにやってきて、いろいろと大騒ぎになる話。
 この話でこれまでの電話の相手が判明するわけですが、まぁ記憶どおり家族でしたね。父親の電話は出なかったけど、姉とは話していたのか。
 かすりが家族に仁と付き合っているなどと嘘を積み重ねていって、本当どうか視察に来られてばれないようにその時だけこの場合だと恋人同士を演じようとか、よくある話の定番っぽいのかな?
 自分の記憶では、とある野球漫画で、一人の登場人物が後輩に自分を良く見せる嘘ばかり積み重ねていたけど、その後輩が実際にやってきてその間だけその嘘に付き合ってみせるみたいな話があったの覚えてる。まぁそれに似た展開になってますね。
 
 
 さて、今回もオリジナル版とStandard Edition版(SE版)で異なる部分を見ていきましょう。
 美緒がちょろっと会話に出てくる以外だと、由飛と明日香が声を合わせて「えー?」のところが、オリジナル版だと二人の台詞を「えー?」「えー?」みたいな感じに並べていたけど、SE版では一つに統合されていたり。これはどういった意味での変更なのか、わからん。
 そして、かすりを実家から連れ出すところの回想で、オリジナル版だとのしかかってくるかすりの絵が使われていたけど、SE版ではそこが黒塗りになってます。なんかちょくちょく無くす必要ないような絵とか出てくるね。
 それから、かすりの台詞「毎朝毎晩私のこと立てなくなるまで可愛がる」といったものが、「毎朝毎晩私のこととっても可愛がる」といったものに変わっています。立てなくなるまで……、性行為を連想させるからアウトなのか……、細かいな(。-`ω´-)
 続いて「濃厚な」が「ラブラブな」に変わっているけど、濃厚なって……まぁそういうことか。
 ん、そんなとこ。

 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記