home > 投稿 > > パルフェ 第八十二話 先輩と、後輩と

パルフェ 第八十二話 先輩と、後輩と

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第八十二話あらすじ
 
 明日香がファミーユを去ってから一年が過ぎた。
 仁と明日香の関係は、てんちょとせんせだったものに、新たにせんぱいが加わったのである。
 
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、明日香編エピローグになります。
 とりあえずこの話で一番驚くのは、明日香が仁の後輩になれたということでなく、明日香が帝王大に合格したことでもなく、由飛がフロアチーフをやっているということですw
 まぁショコラでは物語り次第では美里や真子がフロアチーフになる事があるので、不思議ではないと言えば不思議ではないのだけど……
 瑞奈の話を見た後にこれを見ると、それでいいのか? と思ってしまいますw
 是非由飛編Anotherという区分でいいので、由飛がフロアチーフとして瑞奈のように四苦八苦する話を見てみたいものですw
 ――ってか明日香の世界線では、由飛はフランスに飛ばされることは無いのか……
 
 さてフロアチーフ由飛は置いといて、明日香編エピローグ。
 どうも帝王大と聞くと帝京大学を連想してしまうので、普通? と感じてしまったり。
 それと、Rippleに出てきた一条隼人の嫌味な顔が浮かんできたりして、なんだかいまいち……
 一応仁の兄貴である杉澤一人も通っていたということになっているけど、そちらは全然絵が出てこないからどうしてもイメージとしては一条隼人の方が強くてね……
 まぁおそらく多くの人は、パルフェはプレイしたけどRippleは知らないということだろうから、たぶん私みたいな感想を持つ人は少ないと思うけどね。
 
 そしてスノボサークルとフィジーの関係が出てくるのも、このエピローグなのよね。
 これは確か、この次の作品であるこの青空に約束をで、島にやって来るスノボサークルがあって、本当はフィジーに行くつもりだったとかそんな話があった記憶があります。
 そんなところで、次の作品と世界観を共有しているのだなと思わせる設定ですね。
 ただここでは春合宿と言ってるのだよね、次回作では夏休みだったような……
 
 明日香のキャラについては、このゲームでは最年少設定だけどそれほど年下イメージは沸かなかったかなとか。
 ショコラだと結城すずは無茶苦茶子供だなと思ったけど、明日香はそれほど思わなかった気がします。
 割と真面目で、ファミーユで唯一まともな人材(玲愛談)だというのもあってかな、そんなところだろうね。
 まぁプレイヤーから見たら、藤枝涼子さん以外はどれも似たようなものだけどねww
 とりあえず明日香編は、大学受験とか偏差値とかそういうのがいろいろ出てくるので、そういったものに良い思い出の全く無い自分にとっては苦手なストーリーになっていたりします。
 キャラ自体は別に苦手とかそういうのはあまり無いのだけどね。 
 
 
 さて、今回はオリジナル版とStandard Edition版(SE版)で異なる部分はありませんでした。
 強いてあげるなら、エンディングテーマのバックがオリジナル版では明日香のストーリーを追いかけているのに、SE版だとバラバラだったということかな。

 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記