home > 投稿 > > パルフェ 第七十六話 テスト前のごほうび

パルフェ 第七十六話 テスト前のごほうび

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第七十六話あらすじ
 
 学校のテストが近づいたある夜、いつものように仁は明日香に家庭教師をやっていた。
 そして勉強後のごほうびに、仁は明日香に半熟オムライスを披露してあげるのだった。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、テスト前の話になるのかな。
 前半部分は、いつもの家庭教師の場面。いちゃいちゃする時間を確保する為に、明日香が問題を早解きしていく話となっています。
 オリジナル版では、勉強を早く終わらせてそこから年齢制限の入る行為を始めるわけですが、SE版では――
 
 というわけで後半、仁が明日香に料理を振るってくれる展開になっておりますw
 あーん、とかこの辺りが、全年齢対象にした場合でのいちゃいちゃの限界なのでしょうね。
 この世界線――というか、SE版での仁は、明日香に「食べさせて」と言われるだけで頭の中が真っ白になったり顔を真っ赤にするウブな男に描かれております。
 なんというか、一般紙のラブコメを見ているような――って、全年齢対象か、そんなものか……
 しかしまぁなんだ、SE版明日香編では、料理披露してばかりだな。えっちシーンが今の所全部料理を披露する場面に差し替えられているよ。
 
 
 さて、今回のオリジナル版とStandard Edition版(SE版)で異なる部分を見ていきます。
 まずタイトルが変わっています。オリジナル版では「テスト前の安全日」というものでしたが、SE版では「テスト前のごほうび」に変わっています。
 タイトルの変更もやるのだったら、前回と前々回のタイトルも差し替えたらよかったのにね。
 次に、クリスマスイブの真相を聞いたのが、「えっちした後」から「付き合い始めてしばらく後」に変わっています。まぁSE版ではえっちしてないからなw
 そして、キスマークがばれかけたと言われる話が、色っぽくなったと言われるに変わっています。キスマークはアカンのか、キスはOKなのに……
 それから別人の例えで「上半身と下半身を切り離して生きていける」が、「発言と行動が一致しない」と言われています。細かくてこの基準はよくわからん。下半身の行動を連想させるからかな?
 そして「私怨による体罰」が、「八つ当たりの照れ隠し」に差し替えられています。私怨と体罰という単語は年齢制限が入るということか……
 それから「周期」が「ブレス」に差し替え。続いて「地学の勉強」が「発音アクセントの勉強」に変わり、続いて「絶対安全日」が「上手なキスは呼吸を合わせて」に変更。この辺りはタイトル回収でもあるので、それが差し替わっているのでタイトルも変更したのでしょう。やはり前回と前々回も……
 その後は、ぱんつの話がいちゃいちゃの話に変わっていて、会話もそれに合わせて少し変化していますね。
 最後は、「めでたく家庭教師を解雇になったらしい」の後は、オリジナル版では年齢制限の行為を始める場面となるので、SE版で差し替えられた新しい展開の話となっています。
 割と細かい文章や単語の書き換えが多いな、明日香編は……
 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記