home > 投稿 > > パルフェ 第七十三話 キスから先に進めない

パルフェ 第七十三話 キスから先に進めない

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第七十三話あらすじ
 
 年末年始の帰省が終わり、仁は久々に恋人ちゃんの明日香と会う。
 しかし、いろいろと邪魔が入って、明日香は仁との関係を先に進める事がうまくできないのであった。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話は、年明けの話ですね。
 明日香と二人きりでいろいろやりたいのに、ずっと邪魔が入ってできないと言う、なんかラブコメ漫画チックな展開とでも言うのか……
 でも新年会の鍋パーティの雰囲気は割りと好きだったりする。どこぞの鍋奉行とかw
 しかしこれは、共通パートでやって欲しい話でもあるのだよね、個別に入ってからだと邪魔でしかない。
 
 ところで里伽子の話では家族最優先なのに、明日香の話では家族より客優先なのね。そこが気になったりしました。
 
 
 さて、今回のオリジナル版とStandard Edition版(SE版)で異なる部分を見ていきます。
 まずは物語開始時に出てきた恵麻のシャワーシーンが入りますが、バスタオル巻いてシャワーを浴びるという不自然だが仕方ない絵に差し替わっています。
 次に、「破廉恥店長」が「スチャラカ店長」に差し替えられています。前も何か破廉恥を置き換えられていたような、でもそのせいで、スチャラカ店長というのが意味わからんようになってたり。
 スチャラカの意味がわからんかったので調べてみたら、おちゃらけたとのこと。破廉恥をおちゃらけたに置き換え……、ん~……、どうなんだろ。
 そして新年会の鍋パーティの場面で、美緒が追加されてますね。
 それよりも変更の影響でこれはちょっと……というのが、「キスより先に進みたい」発言が、「もっと恋人らしくなりたい」だと思う。というのも、この話のタイトルが「キスから先に進めない」なのに、そのタイトル回収の台詞を変えるのはちょっとね……と言っても、キスから先に進むとSE版の範疇を超えるので、ここはタイトルを変えるべきだったのでは? とか思ったりします。
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記