home > 投稿 > > パルフェ 第六十二話 瑞奈、叫ぶ

パルフェ 第六十二話 瑞奈、叫ぶ

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第六十二話あらすじ
 
 バレンタインフェア以降、瑞奈はずっと仁を避けていた。
 それでもようやく瑞奈を捕まえた仁は、瑞奈に避ける理由を問い詰める。
 そこで瑞奈は、仁に本音をぶちまけるのであった。
 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
  
 
軽く感想など
 
 今回の話で、瑞奈の本音が聞けます。聞けますが――
 玲愛はともかく、里伽子を引き合いに出されると何も言えなくなってしまいますな……
 これは最後に総括で書くつもりだったけど、こんな展開を持ってこられるとここで語るしかなくなったじゃないですか。総括でも書くけどねw
 私はこのパルフェというゲームは、里伽子編が全体のTRUEだとしか認めていません。
 キャラクターから言えば、由飛とか恵麻さんが好みですが、物語としては里伽子しかありえないと考えています。
 例えばヒロイン人気投票があったとしたら、本音は置いておいて、里伽子に一票入れるでしょう。
 そういうのを前提に置いておくと、瑞奈に「どうして里伽子じゃないのですか?」と聞かれたら、プレイヤーとしては「何故なんだろう?」となってしまうのですよ……
 だから語っておくと、どうして里伽子じゃなくて由飛なのかは、里伽子は私には重いので、なんか見ていてほんわか楽しい由飛が安心できるのですよ、カノコちゃんとか。
 どうして里伽子じゃなくて恵麻なのかは、私の人生、甘々で接された経験がほとんどないので、ま~姉ちゃんみたいに甘々に接されることに憧れているというかなんというか、恵麻さん系の雰囲気も好みなのですよ。真子さんとか。
 そこで、それほど思い入れの無い瑞奈となると、どうして里伽子じゃなくて瑞奈なのかと問われると、「ん~?」となっちゃうわけです。里伽子を選ばない理由が無い。
 というわけで、なぜ瑞奈なのか、仁の本音が早く聞きたいものですね。
  
 でもね、やっぱり仁には里伽子しかないよ。プレイヤーとして好みのヒロインがそれぞれあるのは理解できるけど、仁には里伽子しかあり得ません。
 だから、私はどこか掲示板かコラムかで見たこの意見を支持していたりします。
 それは「どのヒロインのルートが終わった後も、数年後には別れるか何かして仁は里伽子の元に落ち着く」というものです。
 完全復活した里伽子なら、どの世界線の仁もその相手から策略で強奪することも不可能ではないでしょうねw

 
 瑞奈編はStandard Edition版だけでオリジナル版には無いので、変更点探索の話は無しです。
 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記