home > 投稿 > > パルフェ 第四十五話 噴き出してくる恐怖

パルフェ 第四十五話 噴き出してくる恐怖

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第四十五話あらすじ
 
 プライベートを捨てて仕事を選んだはいいけど、そのせいで選んだはずの仕事に身が入らない。それを本末転倒と言う。
 ついに玲愛は、仁に対して怖いよ、と弱音を言い出すのであった。

 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は、追い詰められた玲愛と、そういう風に仕向けた仁がベランダで語り合う場面です。
 里伽子の策略によって仕向けたというのを思い出したので、あえてそう表現しましたw
 でもなんというかね、弱々しい玲愛を見ていても面白くない……、というのが正直な感想かな。とりあえず今回の話が終われば、次回から種明かしパートに入るから、ここは耐えるときです。
 あと、勝ち負けがどうのって気にする人ってあまり好きじゃないのよね……
 これは私の考え方が変わったというのもありますが、昔と違って負けは負けと認めるというか、そういう考えも生まれたというのもあったりします。
 そういう考えでこれまでの人生振り返って見ると、やたらと勝負に拘る人居たな……とかね。例えば「らむ(仮名)に負けているなんて癪だ」とか、「らむ(仮名)に先取りされた、くやしい」とかいろいろ言われたことありました。
 どうもそういう考えを持った人と接するのは窮屈だな、などと思っていたなそういえば。
 だから、由飛には由飛で良い所もあるし悪い所もある、玲愛には玲愛で良い所もあるし悪い所もある。そこに勝ち負けなんか必要ない、私はそう思うのですけどね……
 まぁ全ては里伽子の策略によって仕向けられた内容なのですけどね。
 
 
 それでは今回の話でのオリジナル版とStandard Edition版(SE版)の変更点を見ていきましょう。
 ――と思ったけど、今回は特にありませんでしたw
 というわけで一箇所だけバグ、玲愛の「いつも楽しそうで、レッスンも時々さぼって、教えられたことだって、ほとんど守らない」の台詞で、SE版では「教えられたこと――」以下の文章の音声が抜け落ちています。意図的にカットしたとは思えないので、音声抜け落ちバグでしょう。

 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記