home > 投稿 > > パルフェ 第四十三話 それでも一緒に寝るの

パルフェ 第四十三話 それでも一緒に寝るの

 
パルフェ ~ショコラ second brew~ Standard Edition
 
第四十三話あらすじ
 
 なんと玲愛は、次の四月で本店へと戻ることになっていた。
 玲愛は好きなままでいるからと言ってくれるが、仁は不安を抱えたまま夜を過ごすのであった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回の話は、玲愛が本店に戻るという話になって、仁が戸惑うといった内容になっています。
 玲愛って、よくある「仕事と私、どっちが大事なの?」という質問で、迷わず仕事を選ぶタイプなのかな?
 男ができました、だから戻りませんじゃ、なんか仕事を馬鹿にしていると言ってますが、これを逆にすると仕事ができました、だから離れますじゃ、なんか彼氏を馬鹿にしていると取れないだろうか?
 だからこの質問についてはいろいろと論議されるとか、比較対象にすべきでないと言われているわけで……
 あと、今回の話で玲愛の鍋奉行の片鱗を見せてますね。本格的なのは、確か明日香の物語で出てきた記憶があるけどw
 
 しか玲愛の個別ストーリーは結構忘れていました。
 由飛の方は、エオリアンハープの不協和音がものすごく印象に残っていたけど、玲愛の方は……この先どうなるのだったっけw
 最後に本店に行って玲愛をくださいは覚えているけど、そこまでの流れがかなり記憶から抜け落ちているぞ?
 本店に戻るという話も、今回リプレイして「ああ、そんな話だったな」と思い出したぐらいですし。
 昔、里伽子は何度かリプレイしたけど、玲愛は一度きりのプレイだったから、あまり覚えてないのかもね。
 
 
 それでは今回の話でのオリジナル版とStandard Edition版(SE版)の変更点を見ていきましょう。
 まずは板橋さんの会話で回想シーンになっている部分が、SE版でモノクロ風に演出が変わっています。これは演出の変更、話の流れからして過去の話になるので色調を修正したのでしょう。
 そして部屋での食事後、ベッドにもぐりこんだ仁に玲愛が話しかける内容が、「今日はしないの?」「大丈夫な日」とか言うものが、SE版では「まだ起きてる?」とか「こっち来ても大丈夫?」とかいった内容に差し替えられています。まぁ性行為を匂わせない内容に変更ということでしょうな。
 ただ、「仁に触れていたいの」が「仁のそばにいたいの」という差し替えは、ここまで必要かなと思ったり。これは、触れているというのは肉体関係を匂わすからかな? 細かいな……
 それと「今まで以上にぎゅっと身体を絡み付けてきた」が、「ベッドから下りると、俺にぎゅっと身体を絡み付けてきたと変わっているけど、細かいなぁ……
 この修正入れる仕事も、割と大変じゃないかな? それとも単語登録とかあって、機械的にできちゃうのだろうか?
 
 それでは今回はこのぐらいで。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記