home > 投稿 > > 妄執 第三幕 ~ダヴィドの調査~

妄執 第三幕 ~ダヴィドの調査~

 
 スキングラードの四日目の朝、俺はそろそろグラアシアに付き合うのもめんどくさくなってきた。
 監視の監視も今日でおしまいにしよう、これ以上何か言ってきたら、さっさと衛兵のディオンに相談してやれ。
 さもないと、俺が変人扱いされてしまう。

 というわけで、朝からダヴィドの家を監視。
 朝の五時にはグラアシアは教会へと向かっていった。どうせそこでベルナドットと鉢合わせするんだろ?

 まるななまるまる、目標が家から出てきた。これより追跡態勢に移ります!∠(`・ω・´)
 スパイごっこ気分でもださないと、やってられんわまったく。

 ダヴィド・スリリーは、ブドウ園の有力者とグラアシアから聞いていたとおり、ベルナドットと同じように朝から畑仕事を始めている。
 仕事の合間を見て話を聞いてみることにする。
 すると、このブドウ園から生産されるワインは、タムリエル一だと言ってきた。たいした自信だな、今度飲ませてみろよ。
 んでグラアシアについてだが、ダヴィドも彼は頭がおかしい街の変人だという認識のようだった。
 
 これは二つに一つ。
 一、グラアシア以外の人間が全ておかしい。
 二、グラアシアがおかしい。
 
 前者はありえん、やはりグラアシアが変な人だという認識でいいだろう。
 しかし、億が一という可能性もあるので、今日はダヴィドを監視する。
 何も無ければ、グラアシアを衛兵のディオンに通報だ。
 
 ………
 ……
 …
 

 昼過ぎまで、ダヴィドはブドウ園で働いていた。
 同じところばかり鍬で耕しているようにも見えたが、そこは気にしないでおいてあげよう。
 
 昼休みなのか、ダヴィドは畑を離れて街の前で雑談をしていた。

 これはグラアシアのことか? それとも俺のことか?
 確かに昨日一日中、俺はトーティウスを監視していたぞ?
 まずいな、変な噂が立ち始めている。本当にこんな仕事は今日までにしておこう……(。-`ω´-)
 
 そしてその後は、日のあるうちはずっとブドウ園で働き続けていたのである。
 
 ………
 ……
 …
 
 ふたまるまるまる、目標は畑仕事を終了したようだ。

 そのまま、何をするでもなく、じっと立ち尽くしている。休憩だろうか?
 時々他の従業員と話をしていたが、特にこれといった怪しい点はない。
 アンヴィルの聖堂が襲撃された、などと話をしているが、そういえばアンヴィルの聖堂には行かなかったな。こんどまた立ち寄ることがあれば、聖堂を見ておくか。
 
 

 そして、ふたふたまるまる、目標は自宅へと帰っていった。
 結局グラアシアとは、何も関係ない一日でした。

 さて、もうめんどくさいな。
 
 グラアシアは、ダヴィド・スリリーが正直者かどうか尋ねてきた。
 その時のことである。
 俺の脳裏にひとつ試してみようというイタズラ心が芽生えてきた。
 もしもここで、ダヴィド・スリリーが本当にグラアシアを監視していたと告げると、彼はどういった反応を示すのだろうか?
 ありもしない陰謀が、現実のものになるのか、彼の妄想が実現するのか……
 俺は、ちょっとその結末が気になってしまった。
 
「うむ、ダヴィドは君を監視しているよ、君の言うとおりだった……(。-`ω´-).。o○(嘘)」
「君は僕の暮らしを守るのを手伝ってくれた! やはり奴が全ての陰謀の首謀者だったのだ!」
 
 ……だから、何の陰謀だよ。
 君に一体どんな重要な任務があるんだよ?
 まぁ俺がそう答えたんだけどな。
 
 すっかり興奮してしまったグラアシアは、紙切れに何かを書き記して俺に手渡し、「最後の依頼だ」と言ってきた。
 ふぃ、ようやくこいつから解放されるか。これ以上付き合いたくないんだけど、最後の依頼なら仕方が無いな。
 これでほんとに最後だ――

 …………(;;-`ω´-)
 

 グラアシアお前……('A`)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記