home > 投稿 > > モラグ・バル ~殺されるがよい~

モラグ・バル ~殺されるがよい~

 
「ところでダル=マさんが転んださん」
「ああ、私のヒーローが戻ってきたわ」

「海賊船長ドゥガルの件だけど、お宝なんて無くて、代わりに俺が海賊船長になってしまったよ」
「めざせ海賊王ね、私のヒーローは」
「簀巻きにされて爆死させられるのは嫌だからやめておくよ」
 
 次は魔術師ギルドだ。アリーレがそこに用事があるらしいので、送り届けなくちゃ。

 ――と思ったら、ダル=マと雑談している間にアリーレは先にギルドに行っていたらしく、既に普段着に着替えてメンバーと雑談してた。
 ちょろっと聞き耳を立ててみると、ディードラのモラグ・バルについての話をしているみたいだ。
 なんでもコロルの南の森の中に、モラグ・バルの祭殿があるそうで。
 よし、先に行ってお宝を頂いてしまおう。 

 というわけで、コロル南の森の中を散策することになってしまった。
 ここも道からそれると深い森だった、どうしてディードラの祭殿は、どれもこれも人里離れた場所にあるのだろうか?
 醜い神様とか、不浄な神様とかなので、一目を避ける必要があるのだろうか?
 ひょっとしてディードラって、やばい神様?

 そんな森の中に、石像が祭られている祭殿はあった。
 見た感じ、アルゴニアンの神ですか?
 しかし司祭に話しかけると、どうやらここも一癖ありそうな神様のようだった。
「人類を苛むもの、モラグ・バルの祭殿になんの用だ?」だとさ。
 苦しめ、悩ませる神様? 逆だろ?
 苦しみ悩むから神にすがるのだろ? 神が苦しめたり悩ませたりしてどうするのだ?
 マゾヒストの神か? そんなの嫌だぞ……
 
 この祭殿には、「ライオンの皮」を捧げるとよいらしい。
 ライオンの皮……、あった。
 そういえば、シェイディンハルからコロルへ向かう途中の街道で、熊だけでなくマウンテン・ライオンにも襲われたっけ。
 ライオンの出没する街道、なんなんだよ!
 
 というわけで、ライオンの皮を捧げると、またしても頭の中に神の声が響いてきた。
 この神が求めるものは、災厄と死だそうだ。
 
 …………(。-`ω´-)
 
 邪神じゃないのか?
 モラグ・バルは、メラス・ペティラスを探し出して、そいつに呪われしメイスで殺されろと言ってきた。
 
 …………(。-`ω´-)
 
 無茶苦茶な神様だ、死ねという神があるだろうか?
 いや、殉教者という言葉もある。俺にモラグ・バルの殉教者になれというのか?
 ……この話は無かったことにしようか。

 これが呪われしメイスだ。
 待てよ……
 モラグ・バルは、殺されれば悲惨な生活から救ってやろうと言ってきた。
 ひょっとして殺されることで、元の世界に戻れるのだろうか?
 すっかり忘れかけていたが、俺はこの世界に飛ばされたという設定だったからな!
 

 というわけで、森の中にあるメラス・ペティラスの小屋に行ってみたが、中には誰も居なかった。
 そこで近所の人に話を聞いてみると、メラス・ペティラスとは大した英雄らしい。襲ってきたゴブリンの大群を殲滅したり、ミノタウロスの巣窟を一人で壊滅させたらしい。
 そんな英雄に、何故殺されなければならないのだろうか……
 しかし今のメラスは、妻が死んでからは戦いをやめ、毎日墓参りをしているのだそうだ。
 

 森の中を散策すると、墓の前で熱心に祈りを捧げる男を見つけた。彼がメラスかな。
 
「メラスさんですか? 俺を殺してください」
 
 俺はアホじゃないのか?(。-`ω´-)
 しかし、モラグ・バルの要求を満たすには、彼に殺される必要があるのだ。


「ここに呪われしメイスを置いているので、それを使って殺してください」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 諸君、俺は狂っているわけではない。
 この様な事を要求する神様が狂っているのだ。そしてその通りに実行する者が狂っているのだ。
 
 …………
 
 俺が狂っているね。
 当然メラスは、そんな基地外の戯言には耳も傾けず、祈りを捧げているだけだ。
 いったいどうしろというのだ……?
 
 そこで俺は、強硬手段にでることにした。

「てんめぇ、俺を殺せって言うのがわからんのくゎ!」
「私は怒りに身を任せて武器を振るうことはしないと誓ったのだが、お前は最も神聖なるこの場所で、私の名誉に傷を付けた! 悪魔め、死ぬ用意をしろ!」
「最初から殺せと言っている!」
 
 俺はダル=マのヒーロー、しかしその実体は、英雄に殺してくれとせがむ基地外である(。-`ω´-)
 これでいいのか? モラグ・バルよ……
 いったい何がやりたい神様なのだ?
 

 メラスは、転がっていた呪われしメイスを手に取ると、俺に殴りかかってきた。
 とんだ茶番劇だ……、命がけの茶番劇だ……
 やっぱりミラグ・バルとの話は無かったことにして、逃げ出したほうが良いかもしれない。
 
 俺は、適当なところで逃げ出すことにした。
 しかし、木の根っこに足を取られて転倒してしまった!
 メラスは、容赦なく俺の頭にメイスを力任せに振り下ろした!
 
 ………
 ……
 …
 
「おおラムリーザ! 死んでしまうとはなにごとだ!」
 んん? アリーレさんの声が聞こえる、幻聴か?
 

 はっ?!
 
 気がつくと、俺はモラグ・バルの祭殿の前に立っていた。
 なんだ? さっきまでの出来事は夢か?
 しかし、またしてもモラグ・バルの声が頭の中に響いてきた。
 
「よくやった。また一人地獄に落ち、また一つ魂は堕ちたのだ」
 
 ん? やっぱり俺は死んだの?
 ここは死後の世界ですか?
 それてもまた異世界に飛ばされたのですか?
 

 一応モラグ・バルのメイスのメイスを報酬として受け取った。
 
 結局、何がやりたかったのかわからない依頼だった。
 そして、俺の身に何が起きたのかわからない依頼でもあった。
 
 この世界の神様は、妙な神様ばかりだな……
 
 
 ディードラクエスト モラグ・バル ~完~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記