home > 投稿 > > ヴァーミルナ 前編 ~森の中の行軍~

ヴァーミルナ 前編 ~森の中の行軍~

 
 いい加減コロルに戻らないと、ギルバートやレイナルドをどれだけ待たせるのだ、って話だ。
 しかし、先日泊まったシェイディンハル橋で、耳寄りな情報を仕入れてしまったのだ。

 なんでも、このシェイディンハルから南に向かった森の中に、ヴァーミルナの祭殿があるのだという。
 祭殿、神様事か、この世界の神様は本当に居て、要求を達成したら宝をくれるのだ。これは行ってみる価値はありそうだ。
 その祭殿には、「ブラック・ソウルジェム」を捧げるとよいらしいが、丁度手元に一つある。
 先日の魔術師ギルドでの準会員行方不明事件で、ファルカールが隠し持っていたそれが一つ残っているのだ。
 ファルカールの部屋からは二つ出てきたが、ディーサンは一つだけ証拠として持ち去ったわけで、何のために使うのか分からないこの黒くて細長い石は、一つある。

 早速朝一で、シェイディンハルの街を出て南に向かうことにした。
 ブルーマ近辺は針葉樹林だったが、この辺りは広葉樹林になっている。

 朝焼け目指してどんどん南へと進んでいこう。
 道なんてものはない、お日様が昇ってきているほうが東、それを左手にして進めば良いだけだ。

 進めば進むほど、周囲は森の中へとなっていく。
 本当にこんな所に祭殿があるのか? そもそも祭殿に居る人たちは、どういった生活をしているのだ?
 神様が本当に居るってことは、信心深く生活していたら神様が何とかしてくれるのだろうか……。
 ってか俺、神様相手に八方美人なことやってて良いのだろうか? 普通、どれか一つの宗派に絞るよな?
 待てよ、世の中には八百万の神々を祭る国もあると聞く。十や二十の神様を信仰しても、不都合はなかろう。
 そもそもナーミラのような不浄なる神様が居ること自体が妙なのだ。

 そんなことを考えながら進んでいると、いよいよ深い森に突入って感じになってきた。
 あの中に入っていくのか……
 戻ってこれるのだろうか……

 道なんてものはどこにもない。お日様の位置だけを頼りに南下するだけだ。
 これで何もなかったら、遭難しちゃうなぁ。
 
 ………
 ……
 …
 
 そろそろお日様も頂点に、ってぐらい南に進んだ時、その深い森の中にそれは姿を現した。

 あったよ、祭殿。
 この人たちがどんな生活を送っているのか、さっぱりわからないけどね。
 この森の中に、隠れ里でもあるのだろうか……

 ここの司祭らしき人と話をすると、ヴァーミルナと話がしたければブラック・ソウルジェムを捧げよ、と来た。
 他の人の話では、ヴァーミルナは夢をつかさどる神様らしきことを言っている。
 夢の中か、行ってみたいと思いませんか?
 
 早速ブラック・ソウルジェムを捧げてみると、これまでと同じように神様が語りかけてきた。
 これは俺にだけ聞こえているのか? それともこの辺りに居る人全員に聞こえているのだろうか?
 
 再び会えたな、とか言っているが、初対面です。
 と思ったけど、ヴァーミルナの言い分では、夢の中に棲んでいるからということで、夢で会ったとでも言うのだろうか。
 俺はこの世界の人間ではないが、最近そんなことはどうでもよくなってきている。
 力を貸せというなら貸しましょう。ただし、お宝はきちんと頂戴ね。
 
 で、ヴァーミルナの話では、アルクェイドという魔術師が、オーブを奪い去ったという。
 そのオーブを取り戻して来いという話だった。なんでもそのオーブは、信徒の夢の中にあったもので、アルクェイドによって目覚めの世界に持ち込まれたとか。
 夢の中にあるものを持ち出す……
 そのうち、鍵爪をつけた夢の中の殺人鬼の帽子でも持ち出すのだろうか?
 

 というわけで、アルクェイドの住む塔があるという、さらに南へ向かうことになった。
 静かな湖畔の森の影とでもいうのか、良い景色だ。

 しかし森は酷い。
 ついに視界まで遮られるほどの深さになってしまった。
 アルクェイドも変なところに住みたがるものだ。

 その森の中に、塔はそびえ立っていた。
 さてと、次回はオーブ奪還作戦だね!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記