home > 投稿 > > 洞窟を通り抜けた先はやはり知らない場所だった

洞窟を通り抜けた先はやはり知らない場所だった

 
 洞窟を通り抜けた先は、やはり記憶に無い世界だった。
 少しばかりは、洞窟を抜けると何かを思い出せるかも、というのを期待していたが、そうそううまくいくものではないようだ。
 しかし嫌な予感だけは続いている。なぜかだって?

 遠くてよくわからないが、見たことも無い茶色い生き物と、赤黒い巨大な昆虫みたいなのが争っているんだ。
 よーくみると、もう馴染みになった野蛮な奴も居る。ダメだこりゃ……
 

 めんどくさいので、爆発魔法を一発ぶちこんで、得体の知れない生き物を一掃しておくことにした。

 うん、怖い、気持ち悪いw
 こんな生き物は確かに見たことは無い。いや、見たことあるのかも知れないが覚えていない。
 しかし、さっき洞窟で殺された人は、なぜこんなところに居たのだろうか?
 ひょっとして塔の住人で、帰る途中だったのか? 今となっては何もかも遅いが……

 ここにも石像があった。鎧を着こんで剣を持った人物。
 あ、剣の一本でも持って来ればよかったかな? 使わないけど。
 
 ひとまず先に進もう。
 何があるのか分からないが、ここは山の上らしい。山を降りれば、人の住む場所にでられるかもしれない。
 そう思いながら進みだした矢先に――

 ん? 襲われているのか?
 なんだかよくわからないが、何も無い空間から突然光り輝く玉が現れたかと思うと、熱線を浴びせられ――いや、熱くないぞ?
 そのまま通り過ぎようと思ったが、何かに引っかかって進めない。何か居るな?

 よく分からないままに反撃してみる。すると、今度は別方向から熱線が――いや、熱くないけど。

 光り輝く玉の正体は不明、しかし何か攻撃してくる。

 相手の正体が分かりません……

 しばらく攻撃していると、光の玉は力を失って、同じように光る屑へと変わったが、その屑は山肌を滑り落ちていって見失ってしまい、結局なんだったのか不明だった。
 なにか霊的な物か? それとも魔法生物か?
 どちらにせよ、見えにくい相手はやっかいだ。
 
 ………
 ……
 …
 
 山を降りるまでは、何度か妙な生き物に襲われたり、それ以外に人の気配は全く無かったが、平地にたどり着くと、そこは石畳で舗装された文明的な通路になっていた。

 さらに、立て札まであった。これは、人が住んでいないかな?
 何々?
「ブルーマ」でいいのかな?
 矢印の方向に進めば、「ブルーマ」と言う場所にたどり着くのですか? 囮怪獣ですか? ってそれはプルーマか。
 なんか要らんことだけ覚えているが、とりあえず人が書いた文字なので、この先には文明があると信じて、俺は石畳の道を進んでいった。
 
 しばらく進むと、大きな建物が見えてきた。

 やった、これで助かったかも?
 あの野蛮な奴の街だったら悲惨だけど、同じような人間も居たんだ。
 あの洞窟で殺された人が住んでいた街だと信じたい。
 
 そう思いながら、俺は大きな街目指して進んでいった――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記