home > 投稿 > > フリンジ奪還 その2 ~ゼデフェン遺跡にて~

フリンジ奪還 その2 ~ゼデフェン遺跡にて~

 
 現在、グレイマーチに飲み込まれたフリンジを奪還すべく、オーダー軍と戦っている。
 
 オーダーの騎士は、オベリスクが起動している限り、次々に現れて襲い掛かってくる。
 この流れを断ち切るのは、オベリスクを停止させるしかない。
 その方法は、そこにオーダーの心臓を捧げることのみである。
 

 フリンジに現れたオベリスクは、どうやらゼデフェン遺跡の奥にあるらしいのだ。
 ダーク・セデューサーの隊長グラケンドがオーダーの騎士を引き付けている間に、俺たちは遺跡に潜入し、起動しているオベリスクを探すこととなった。
 

 この遺跡には、戦慄の島に来てすぐの時期に、入り口周辺だけ見て回ったことがある。
 確かバリウォグが居て、グラマイトの住処だったはずだ。
 

 そのグラマイトが、遺跡の中で始末されていたりする。
 オーダー軍にとっては、人類だけでなくグラマイト族も敵だと言うのだろう。
 
 ということは、グラマイトも含めて戦慄の島の住民?
 
 いやだぞ、こいつらを統率するのは。
 グラマイトはグラマイトで、勝手に文明を作っておれ。
 
 

 そしてグラマイトを始末した張本人が、しっかりと襲い掛かってくる。
 外に出してしまったら、あんまり強くないセデューサーたちに戦わせることになるので、遭遇するたびに殲滅させておく。
 剣を持っていない、格闘家タイプのオーダーも居たんだね。
 

 奥に進むたびに、どんどんオーダーの騎士は迎撃してくる。
 これは、おそらく一番奥にあるであろうオベリスクを早く停止させないと、きりがないだろうね。
 

 迫りくるオーダーの騎士を、飛び掛かっては噛みついて――は、犬のチロジャル。
 蹴り刺しては踏みつけては緑娘。
 俺は松明で照らして照明係。前衛の撃ち漏らしに、霊峰の指を放つだけの仕事です。
 ここまで最前線で戦う公爵も初めてだろうね。
 今後は、戦慄の島の公爵は陣頭に立つことを義務付けようかな?
 
 

 そして、ついにオーダー軍の戦力源、オベリスクを発見した。
 このオベリスクから、パスウォールの尖塔へと動力が流れているのだろう。
 
「よし、ここまでの戦いでオーダーの心臓は確保済み。心臓を捧げる間、敵を引き付けていてくれ」
「わかったわ」
「わんっ」
 

 さてと――、誰かこっちに来ているな?
 オーダーではないようだが。
 
「あ、あんた! 覚えているぞ!」
「ん? ああ、君は――」
 

「いやあ、あんたがゲートキーパーと戦うのを見たよ。狂気の門の番人が倒されると思った者などいなかったのに、あんたはそれを皆に見せつけてやったんだ! ハハハハハ!」
「そうですねぇ……(。-`ω´-)」
 
 こいつが言う分には、文句を言わずに受け入れてやろう。
 
 遺跡の奥、いよいよオベリスクと対面、といった時に現れたのは、パスウォールの村長シェルデンだった。
 
「それともう一つ、あんたがシル公爵を打倒したのを見たよ。公爵が代替わりすると思った者などいなかったのに、あんたはそれを皆に見せつけてやったんだ! ハハハハハ!」
「伝書鳩、乙。で、村長自ら敵の本拠地を突いているのですか?」
「違うんだ! ここなら安全だと思って逃げ込んだら、敵の懐だったなんて!」
「あー、間違えたのね。で、フェラスは?」

 彼は、オーダーが襲ってきたときに、フェラスと共にこの遺跡に逃げ込んだというのだ。
 敵に本拠地に逃げ込むとは、馬鹿なのか運が悪いのか……
 フェラスと言えば、最初にパスウォールへ訪れた時、シェルデンと一緒にゲートキーパーを見に行ったダークエルフだ。
 
「あいつは俺を見殺しにして敵に付きやがったんだ! 恩知らずな奴だ!」
「なんとまぁ」
 
 フェラスはセイドン派だったのかな?
 寝返ったらしきフェラスに関しては後で考えるとして、今はシェルデンと共に行動して、オーダーのオベリスクを止めることに専念しよう。
 
「ところでマシューとルノーという親子が居たと思うが、彼らは無事なのか?」
「あの親子なら、あんたがゲートキーパーを退治した後しばらくして、二人で狂気の門の向こうへ行ったぞ」
「そうか、それならどこかで無事でいてくれたらよいと言うことで」
 
 
 シェルデンを加えた俺たちは、オベリスクのある広間に一気に流れ込んだ。
 

 すぐに光めがけてオーダーの心臓を投げ入れる。
 一つ投げ入れるごとにオーダーが現れるが、三つ投げ込むとその動力を失うのは実証済みだ。
 

 オーダーの心臓を投げ込むと、オベリスクは激しく輝く。
 シェルデンや緑娘、チロジャルも右へ左へと走り回ってオーダーの騎士を撃破している。
 その間に、俺はオベリスクに三つの心臓を投げ込んだのであった。
 
「止まったそ、そっちはどうだ?!」
「こっちもあらかた片づけたわ」
「わんっ、わんっ」
「よし、敵の本拠地は叩いた。後は地上に戻って、敵の残軍を掃討しよう」
 
 その時だ。
 

 突然天井が崩れだしたのであった。
 
「いかん、急いで遺跡を脱出するぞ!」
「ええい、こんなところで死んでたまるか! パスウォールの皆は俺を必要としているんだ!」
 

 来た道を戻っていくが、その間にも壁は崩れ、天井は降ってくる。
 場合によっては、ここから脱出した瞬間エンドロールを迎えられることもある。
 しかし、崩れてきた岩で帰り道を塞がれたら、ゲームオーバーだ。
 

「崩れてきた岩で帰り道を塞がれたら、ゲームオーバーだ(。-`ω´-)」
 
 困ったことに、本当に帰り道を塞がれてしまった。
 俺たちが入ってきた通路は、既に土砂で埋まっていたのだ。
 
「慌てるな、反対側の壁が崩れて新しい道ができている」
「ぬ、そうか」
 
 シェルデンの案内で、別の道を通って脱出を図る。
 

「慌てるな、天井が降ってくるから気を付けろよ」
「ぬ、そうか」
 
 なんだかさっきと立場が逆な会話も発生するが、ひたすら逃げるだけ。
 オベリスクを停止させるという任務は達成したのに、その結果生き埋めになったのでは――自己犠牲か。
 

「あいにくと、玉砕覚悟は趣味じゃない!」
 
 行きに通ってきた道とは違い、帰りは別の道となる。
 そこにはオーダーの騎士の残党が居て、最後の抵抗を仕掛けてくるのだ。
 一匹たりとも逃したくないので、別の道を通らなければならなくなったことも怪我の功名か。
 オーダーの騎士は、叩けるだけ叩いて数を減らしてやろうではないか。
 

 その内、鉄格子が閉まったりしてシェルデンとはぐれてしまったりする。
 
「ぬ、しまった。シェルデン大丈夫か?!」
「こっちはまともな道を見つけたぜ! そっちはどうなんだいー?」
「無事なら大丈夫、外で落ち合おう」
 

 オーダーの騎士の、最後の一人をチロジャルが始末する。
 この遺跡では、緑娘が5、チロジャルが4、俺が1ぐらいオーダーの騎士を退治したかな。
 はっはっは、頼もしい者たちだ。
 
 

 こうして俺たちは、ゼデフェン遺跡の崩壊から辛くも生還した。
 シェルデンも先回りして脱出していたようだ。
 

 ここはパスウォールの村はずれのようだ。
 
 さて、ダーク・セデューサーの隊長グラケンドの方はどうなっているか?
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記