home > 投稿 > > 執着の分類法4 ~動物総覧4 スケイロン~

執着の分類法4 ~動物総覧4 スケイロン~

 
 サイラーンの砦でアグノンの炎を入手して、ニュー・シェオスへ戻る途中だ。
 マニアの街道を通って帰ると、途中ハイクロスの村を通過することとなる。
 ここまでにもいろいろと錬金素材を手に入れてきたので、ついでにミリリに預けていくか。
 

「え~と、なんしょん?」
「待ってたわ、遅かったじゃないのよ」
「ナールの研究は?」
「もうとっくの昔に終わったわ」
 
 ミリリは村はずれにあるキノコ樹の根元に腰かけて、なにやら書類を見ている最中だった。
 飽きやすいのか研究が早いのか……
 最初はそっけない態度だったミリリも、今では俺の手伝いの重要性に気がついたってのだな。
 
「それよりも!」
「ゲートキーパー禁止!」
「違います。それはアグノンの聖なる炎! ニュー・シェオスの偉大なるかがり火を灯すために戻ってきたのですね!」
「そうなんだよ。急いでニュー・シェオスに戻らなくちゃね。あとこれ錬金素材」
「おつかれさま! シェオゴラスの祝福あれ!」
 
 よし、これで集めた素材も届けたことだし、再びニュー・シェオスに向かって――
 
「――じゃないわ! スケイロンよ、奴なら少しは小奇麗にしてくれるとは思わない?」
「思いません、さようなら」
「待って! スケイロンを連れてくるのよ」
「またぁ? やれやれだ……」
 
 そんなわけで、今度はスケイロンを連れてくることとなった。
 バリウォグから始まって、エリトラ、ナールと続いて、今度はスケイロンか。
 これが終わったら、あとはグラマイトぐらいだね。
 オーダーの騎士も研究してみるかい?
 
 

 犬のチロジャルが居たら収集にならんので、ここは緑娘と留守番をしてもらい、一人でスケイロンを連れてくることにした。
 アルゴニーニーアンのランズ・イン・サークルが、今日も元気に走り回っているねー。
 ワ=マワーレ、ワ=マワーレ、死ぬまで回ってろ。
 
 
 

 スケイロンも、基本的に水辺に生息している。
 そこで、ハイクロスの村から北に向かい、水辺沿いにぐるりと回ってみることにした。
 この近辺でバリウォグを捕まえたけど、今は他に何も居ないみたいだね。
 
 次は、ナールを捕まえた暴熱キャンプ――すなわちブレイクネック・キャンプ付近へ向かい、そのまま北東の果てへと向かう。
 

 すると、スケイロンはスケイロンでも、巨大な石像として祀られているスケイロンに遭遇した。
 なんでこの世界の住民は、グラマイトとかスケイロンとか、モンスターばかり祀るかね?
 おかしな連中だ――って、狂気の世界だったか……(。-`ω´-)
 
 いずれ俺が世界を引き継いだら、狂気を追い払って理性を取り戻してやろう。
 しかし他に島一つない、一面の水平線だな。
 ずっと泳いでいったら、どこに行きつくものやら。
 
 

 そのまま海岸沿いに南下してみると、橋のかかった小島に辿り着いた。
 元々何かがあったのだろうか?
 意味もなく橋をかけるとは思えないからね。
 

 橋を渡って小島に行ってみると、そこにはスケイロンが住み着いていた。
 
「こんにちは!」
「がう!」
「お前もオーガ同様なのな」
 
 ま、モンスターに理性を期待してはいけない。
 ここは慌てずに、落ち着いて生物操作だ。
 

「ほれ、大人しくなーれ」
「クーン……」
「犬みたいな真似してもいかん」
「クンテ……」
「は?」
 
 なんだろう?
 オークやゴブリンを一掃しそうな雰囲気になったが、生物操作を使ったところ、スケイロンも同じように大人しくなったのである。
 

 あとは、生物操作の魔法を適度に使用しつつ、村まで連れて帰るだけの簡単なお仕事だ。
 ただしスケイロンは、飛び掛かってくるときは素早いくせに、操って歩かせるとものすごく遅い。
 たぶん、水生生物向きなのだろう。
 
 
 ………
 ……
 …
 
 
 再びハイクロスの村にて――
 

「遅かったじゃないのよ!」
「退治してしまったら、また後回しになるぞ」
「そんなことはしません、えいっ」
 
 こうして、スケイロンーもミリリに引き取られたのであった。
 薄汚いスケイロンとか言っているけど、最初は「小奇麗にしてくれるとは思わない?」って聞いてきたのにね。
 報酬は570G、前回よりも昇給したか? と思ったけど、前々回と同じ額だったとさ。
 一度下げることで、元に戻した時に昇給できたと勘違いさせる作戦だろう。
 しかし残念ながら、俺は「朝三暮四」に引っかかるような猿ではないのだ。
 ま、別に報酬目当てじゃないから、気にしないけどね。
 それよりも、ミリリと親密になれた。こっちの方が大事なのだ。
 俺が王になった暁には、宮廷学者にでも任命してやろう。
 宮廷画家は――、ヘイルの村から誰かを連れてくればいいか。オレイン以外なら、誰でも一緒だ。欲を言えば、凄腕軍師も兼ねてくれたら――、オレインか……(。-`ω´-)
 

 こうして、スケイロンも連れてきて、ミリリを満足させてあげ――
 
「あの……、自分に火がついているの、気づいてる?」
「おー、俺燃えてる。すげーなー」
「すごいねー。それよりも、足がすごく痛むの。新しい靴が欲しいんだけど、どうかあたしを助けて」
「じっとしてろ。走り回るから足が痛むんだ。――というか、靴履いとるやん」
 
 もー、こいつわ!
 最初に見たときは裸足だったから痛むのかなと思っていたけど、今見ると普通に走り回っているからだろうね。
 
「何か頂戴! 何か頂戴!」
「知らんわ! 失せろ!」
「にーにーにーにーにーにーにーにーにー!!」
 
 ダメだこりゃ……(。-`ω´-)
 
 でも王になった暁には、こいつでも伝令ぐらいには最適かも。
 ここからパスウォールまでこの文章を届けろとか、そんな仕事を平気でこなしそうだ。
 ただし命令を理解できるかどうかは置いといて――いや、それなら伝書鳩でいいか……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記