home > 投稿 > > ハードスクラブル・キャンプ ~再会?~

ハードスクラブル・キャンプ ~再会?~

 
 さて、結局洞穴内で夜を明かすことには緑娘に反対されたということで、ディメンシアの地で夜の進軍となった。
 まぁ俺もグラマイトの住処で寝ようとは思わないけどね。
 グラマイトは始末したけど、朝起きたら中立のナールが隣で寝ていた、なんとことになったらびっくりするからな。
 
 

 パスウォールの方向へ向かいながら街道を進んでいくと、誰かが誰かに攻撃していた。
 相手はゼロットの様だから、こっち側から弓を放っているのは異端者ヘレティックか?
 ――と思ったけど、普通に鎧姿なので違うと見た。
 それにヘレティックだったら、こっちにも襲い掛かってくるはずだ。
 
 

「やぁ、君はラムリーザ君じゃないか。ゲートキーパーは死んだ、もう俺たちの行き来を邪魔できないぜ」
「誰かと思えば氷血のジェイレッドさんじゃないですか」
 
 そこで戦っていたのは、ゲートキーパーを退治するために共に戦ったジェイレッドだった。
 そういえば狂気の門で、俺たちはマニアに、彼はディメンシアへと分かれて進んだっけな。
 
 ということは、そろそろパスウォールが近いのかな?
 
 
「ジェイレッドさんはこんな所で何を?」
「ディメンシアはゼロットの住処になっていた。俺は奴らの仲間になるつもりはないので、片っ端からハントしてやってたぜ」
「それはそれでいいけど、この辺りに宿屋無い? パスウォールは近い?」
「この近く? 痩せ地キャンプならあるぜ」
 
 キャンプか、丁度いいな。
 今夜は一晩そこで明かすか。
 俺たちは、ジェイレッドに案内させて、そのキャンプへと向かった。
 
 
 

 暗くてよく分からないが、二つの建物を擁するキャンプ、ハードスクラブル・キャンプ――すなわち不毛な地、痩せ地キャンプだ。
 

「丁度三つ寝床がありますねー」
「この人と、チロジャルと、あたしたちの寝床ね」
「丁度三つ寝床がありますねー!」
「今夜も寝かせないわよ」
「丁度三つ寝床がありますねー!!」
 
 緑娘は、他人が居てもベッタリしてくるらしい。
 
 

「どうだい? 君たちの旅は順調かな?」
「シェオゴラスに会っていろいろとねー」
「ほぉ、狂気の神に会ったのだな」
 
 俺は、ジェイレッドにこれまでのいきさつを語った。
 マニアの地を進み、アイシャン砦という牢獄、ヘイルの村で出会った茨の騎士団。
 そしてスプリットの村での分裂騒動に、ハイクロスの村での生物植物調査。
 ニュー・シェオスには、ブリスとクルーシブル、二つの地区がある事や、ファイトクラブ(だと思う)の話。
 そして、俺たちがゲートキーパーを退治したことで、侵入者が激増したのでゼディリアンの罠を修復させたことだ。
 
 ハイクロスのにーにーアルゴニアン、ブリスの壁怖い症候群やクルーシブルのカジート怖い症候群、暗殺の依頼(神風の仕業だからな!)の話、フェルムーアの村での王様と女王様の話は伏せておくことにした。
 もちろんキャンプでの緑娘とのえっちなどは、語っていない。
 
 今夜えっちすることも、無いはずである……(。-`ω´-)
 
 
 反対にジェイレッド側は、彼の言った通り、この周辺でゼロット狩りをしていただけだと言う。
 ゾンビ犬とかハンガーとか、とにかく狩りばかりしていたそうだ。
 彼は冒険者というよりは、ハンターなのだろう。
 とりあえず、敵が居たら狩る。単純な奴だ。
 
 今夜はもう夜も遅いし、それほど積もる話も無いので、お互いに状況報告をし合った後で、すぐに寝ることにした。
 

「ねー、ほんとうにやらなくていいのかしら?」
「だから彼が居るだろう?」
「残念ねー、忘れられない夜にしてあげたのに。後悔するわよ」
「ほーお、君とは今夜一晩だけの関係だったのな」
「強がってる、強がってる」
 
 ――というか、今気がついた。
 今後は二人きりでのキャンプは有りえないということに。
 犬のチロジャルが、すぐ傍に寄り添ってきているということに。
 
 まぁ緑娘なら、犬が居るだけで遊ばない――いや、違うな。
 こいつこんな格好しているくせに、過去の出来事が嘘なのか、膜が再生したのか知らんが、ホープフル・キャンプでの夜が初めての証拠を示したのだ。
 煽情的な格好は趣味なだけで、本当はすごく真面目な――でも陽動作戦ではすぐに「どちかん」だからなぁ……
 とりあえず、寝る時はリボン外そうな。
 
 
 ………
 ……
 …
 
 
 たららら、らったんたーん♪
 1なら、たららららったん、たららーん♪
 
 ん、意味わからんね。
 しかも二度目のネタだ。
 

 翌朝、結局ディメンシアの朝は、全く清々しくない。
 朝からどんよりどよどよ、これだと常人もすぐに沈み込んでしまうだろう。
 ジェイレッドみたいに「狩りだー」などと張り切っていない限り、みんな病弱になったりしてしまうものだ。
 
 そのジェイレッドはすでに起きていて、別の棟で食事中だったりする。
 

「これ全部食べるのですか?」
「グラマイトの卵焼きに、黒いヤニ、そしてフェルムーアの沼ワインだ」
「沼ワイン、飲むんだ」
 
 あれは、確か下水に沈んだ壺から見つけたワインだった。
 フェルムーアの沼ワインに、フェルムーアの胞子ワイン、飲む人居たんだ。
 そう言えば、フェルムーアと言えば王様と女王様が居て、ウォータールートの種子を集めている村だった。
 胞子ワインは、やっぱりそのウォータールートから醸造しているのだろうな。沼ワインは、あの水溜り……
 やっぱり飲む気にならないけどなぁ……
 
「狩りに行かんとな、すぐにだ」
「朝から元気ですなぁ」
 
 食事が終わるなり、ジェイレッドは早速狩りの準備を始めたのだ。
 それなら俺たちも、マニアの地を目指して西への旅を再開しますか。
 

「そいじゃまた」
「またねー、ジェイレッドさぁん」
「またのーう」
「わんっ」
 
 
 早く、こんなどんよりとした地から抜け出したいものだ。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記