home > 投稿 > > 適材適所 ~カジートのイタズラ再び 災厄を引き起こす者再び~

適材適所 ~カジートのイタズラ再び 災厄を引き起こす者再び~

 
 シェオゴラスの指示で、ゼディリアンへと向かう旅が続いている。
 

 その途中で、村らしき場所を見つけたりした。
 特に立ち寄る必要は無いけど、いずれは俺の臣民となる人々が住む集落だ。
 ちょっと覗いていってもいいだろう。
 
 

 村の入り口で、レランという者に会ったりする。
 彼は、村で害虫駆除の仕事をしているらしい。
 確かに村の中にある水辺には、椅子のような植物がたくさん生えている。これは、水浸しのキャンプで見た物と同じだね。
 
「もっと歯があればなぁ。こっちが食われる前に、あっちを食ってやるんだ」
「こっちが食われる恐れのある害虫が付くのな……(。-`ω´-)」
 
 戦慄の島では、農民も命がけらしい。
 
 

 村へと続く橋で、今度はシンダンウェという者に会った。
 彼女はこの農場の主であり、住民を使ってウォータールートという植物を育てているそうな。
 つまり、この椅子みたいな植物は、ウォータールートという名前のようである。
 
 しかし気になるのは、彼女の後をつけているどろぼうさんみたいなカジートだ。
 

「こらっ、お前怪しいぞ」
「ラナル・ジョーを助けてくれるのか? でも君はグルかもしれないので信用できない……」
「誰とグルだって?」
「あの女だよ。みんなを洗脳して――おっと、口が滑ったか?」
「なんだか問題が起きているみたいだな。何かしてやろうか?」
「ラナル・ジョーのキシャーシと話せ。彼女が信用するなら、ラナル・ジョーも君を信用しよう」
 
 別にカジートを助けてあげる義理は無いが、ちょっとだけ顔を突っ込んでやろうか。
 ラナル・ジョーはシンダンウェの召使のような者で、常に彼女に付いて回っているようだ。
 とりあえずのこっそり歩きを止めろ、怪しいだけだぞ。
 
 

 キシャーシとは誰ぞ? ――と思ったが、この村には農場主とカジート二人、そしてさっきの害虫駆除役しか住んでいないらしい。
 ラナル・ジョーがシンダンウェと一緒にうろついていて、害虫駆除レランが村の外をうろついているということは、実質働き手はこのキシャーシだけか。
 
「私はキシャーシ、フェルムーアはキシャーシの所有物です。キシャーシを女王と呼ぶ人も居るのよ」
「話が見えんぞ……(。-`ω´-)」
 
 えーと、フェルムーアの農場主はシンダンウェだよな?
 そしてこのキシャーシは、フェルムーアの所有者で、女王と呼ばれているらしい。
 
 どっちかが嘘をついているな?
 
 いや、カジートだからと言って、最初から疑ってかかるのは差別だからな。
 ここはじっくりと話を聞いて、真実を見つけ出そう。
 
「シンダンウェが農場主と聞きましたが?」
「そうなのよ! 他の者はみんなシンダンウェが主だと言う! 嘘吐き共めっ!」
「お前が嘘つきだ……(。-`ω´-)」
 
 やっぱりカジートダメだよ先輩……
 どうしてこんな困ったちゃんだらけなのだね?
 
 キシャーシの話では、自分は女王であり、戦慄の島の正当なる支配者だという。
 嘘つきだけでなく、誇大妄想狂でもあったわけか……
 女王なのに、毎日5つのウォータールートの種子を集めなければならないと不満を口にしている。
 たった5つで良いのか。一人で充分な仕事だな。
 
「ラナル・ジョーから話を聞いたのだが?」
「彼の言いつけなの? でも仕事を手伝ってくれなきゃ話聞いてあげない」
「はいはい」
 
 

 ウォータールートから種子を集めるだけの、簡単なお仕事です。
 ただ、一つの株から一つしか手に入らないので、5つの株を探らなければならない。
 
「ほらっ、種子5つだぞ」
「ほんと、よくやったわ。えっと、ラナル・ジョーは戦慄の島の王なのよ。シェオゴラスよりも前にね!」
「ジーク・カイザー、ラナル・ジョー! ホーフ・カイザーリン、キシャーシ!」
 
 信頼を得るために、話を合わせてやっているだけだからな。
 本当にこいつらが支配者だとは思っていないので、念のため。
 
「で、ラナル・ジョーの件だが」
「はい、貴方を信用しましょう。このスプーンを渡せば、彼もわかってくれるでしょう」
「フォークじゃないのか、残念。戦慄のスプーンですかな?」
「昔、そのスプーンでミノタウロスを退治したことがあるのよ。それは、強力なデイドラの遺物なの!」
「すごいですね!!」
 
 話を合わせてやっているだけだから、念のため。
 フォークならともかく、こんな小さなスプーンでどうやってミノタウロスを退治したのか、状況再現でもやってもらいたいものだ。
 俺の知っている遺物に近いスプーンと言えば、身体が突然小さくなってしまうおばさんのことだが、はて、それは何だっけか?
 りんごの森の子猫たちに聞けば、思い出せるかな?
 
 
 とりあえずキシャーシの信頼は得られたので、ラナル・ジョーの元へと向かう。
 

「こら、王様!」
「王様? キシャーシから話を聞いたな」
「このスプーンでミノタウロスを退治したのだってな、すごいぞ王様!」
「おおっ、彼女も信用してくれたか。ではラナル・ジョーも信用しよう。シンダンウェの悪を阻止するんだ」
「どうやって?」
「奴の家に忍び込んで、無茶苦茶にしてやれ。奴は整然とされているのが好きだからな。そして奴のノートを奪い取るんだ」
「ほーお」
 
 しかし、こいつらの話を進めていって大丈夫か?
 結局のところ、シンダンウェがトップに居るのが認められないので、イタズラして困らせてやろうということだろ?
 
 
 ……ん?(。-`ω´-)
 
 
 なんか既視感を感じるぞ?
 
 
 頭の女である農場主が気に入らないから、家でイタズラをして、さらにノートを奪わせて困らせたい。
 頭の女であるギルドマスターが気に入らないので、姿を消して困らせて、さらに魔術の手引きを奪わせて困らせたい。
 
 どこの世界でも、カジートのやることは同じなのだなぁ……(遠い目)
 
 なんだかこいつらに親近感を感じたので、依頼を遂行してやることにした。
 ジ・スカール先輩、スタークの島で金塊に埋もれて元気にしているかな?
 
 
 ちなみにこの後、シンダンウェと話をしてノートの話をしてみたら、ちょっとだけなら見てもいいと貸してくれた。
 やっぱりこっちの方がまともな人じゃないか、ごめんねシンダンウェ。
 ノートの内容は、日記と言うか詩というか、あまり重要な内容では無かったりする。
 
 
「こら王様! ノート取ってきてやったぞ」
「ダメだ。まだシンダンウェの家を荒らしていない。ノートよりも、むしろそっちの方が重要だ」
「まったくこのイタズラ小僧共は……」
 
 

 仕方がないので、緑娘に家の前で見張りをしてもらい、その隙に俺は忍び込んで荒らすことにした。
 俺も同じ手しか使わないな。
 これって、どろぼうさんをする時の手口じゃないか……
 
 

 シンダンウェの家では、机目がけて元祖霊峰の指を放ったりする。
 圧縮した改良版と違い、この元祖版は威力よりも拡散力の方が強いのだ。
 この一発で、テーブルや棚の上にあった食器や食料、飲み物などは宙に舞うのであった。
 
 ほんとごめんよ、シンダンウェ。
 でも、荒れた家なら元通りにできるのだから、辛抱してくれ。
 別に誰かを暗殺するわけでも、所有物を盗んだりするわけではないのだからな。
 
 
 しかし、俺のやっていることに、何の意味があるのだ?
 
 
 いや、シンダンウェを困らせたいだけだったな……(。-`ω´-)
 
 

「こら王様! シンダンウェの家は無茶苦茶だぞ」
「よくやった! これで奴は元に戻すのに、数ヶ月もかかるだろう。これはお礼だ、もう奴の邪悪な洗脳魔法を防ぐ必要は無いからな」
「このノートは?」
「どれどれ? やっぱり奴はラナル・ジョーを抹殺することを企んでいたんだな」
「そんなこと、どこにも書いていない……(。-`ω´-)」
 
 ダメだこいつ。
 イタズラ小僧だったジ・スカール先輩じゃない。
 こいつ、グラアシア成分をかなり含んでいる……
 
「ほらほらさあさあ、誰かに見つかる前に立ち去るんだ」
「勝手にしろ、俺はもう知らん!」
 
 
 戦慄の島、奇妙な人が数多く生息する狂気の世界――
 
 自分を王様や王妃だと思い込んでいるカジート。
 シンダンウェのようにまともな思考を持った人間は、迷惑を被るばかり。
 そして俺は、奇妙な人に言われるままに、村に災厄を引き起こす役目を引き受ける。
 
 
 ……ん?(。-`ω´-)
 
 
 これもなんかすっげー既視感を感じるな!
 
 あと、念のために様子を見に戻ってみたが――


 嘆き悲しむシンダンウェに、喜び踊るラナル・ジョー。
 
 
 もう知らん!!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記