home > 投稿 > > ニュー・シェオスもう一つの顔 ~ディメンテッド派地区クルーシブル~

ニュー・シェオスもう一つの顔 ~ディメンテッド派地区クルーシブル~

 
 ニュー・シェオスは、宮殿地区とブリス地区とクルーシブル地区に分かれている。
 

 明るい屋根の建物が並ぶ方が、マニック派地区ブリス。
 そして壁で仕切られていて暗い色の屋根をした建物が並ぶ方が、ディメンテッド派地区クルーシブルだ。
 その中間地点に、シェオゴラスの宮殿、教会が存在している。
 

 ブリスは一通り見て回ったので、今度はクルーシブルだ。
 シェオゴラスから命じられたことはあるが、慌てる必要も急ぐ必要もない。
 今はとにかく、この世界を隅々まで知ることが先決だ。
 

「この地区は、あまり衛生状態が良くないみたいだな」
「酷い色の下水、そのうちクルーシブル病とか発生するわ」
「すでに骨が浮かんでおりますやん」
 
 下水なのかどうか知らんが、やたらと黄色い水が流れていたりする。
 これは全部小便かね?
 汚い町だなぁ……
 
 

 とりあえずは、酒場から情報集めを始めよう。
 病弱なバーニスの酒場という名前らしいが、病弱ってところがいかにも陰気なディメンシアっぽい。
 普通こんな名前を付けるかねぇ? ――って、ブリスにあった難癖乞食亭という名前も大概だけどな。
 

 う~ん、陰気な酒場だ。
 マスター以外、人の気がなに一つ無い。
 それともあまりの陰気さに、存在感すら超越して視界に入らないと言うのだろうか?
 

 そしてそのマスターも、相当顔色が悪い。
 いや、ダークエルフなだけかもしれないけどね。
 
「こんにちは、もうかりまっか?」
「マスターの病弱なバーニスよ。あまり近づかないで、伝染っちゃうから」
「自分で病弱なって名乗るのな」
 
 酒場の名前はマスターの名前から来ている物で、そのマスター自体が病弱であった。
 いよいよ陰気ですなぁ……(。-`ω´-)
 たぶんあんな汚れた下水に囲まれているから、病弱になるんだよ。
 
「で、何かの病気ですか?」
「ええ、死期が近いみたい。そうね。今日がこの世界で過ごす最後の日かもね」
「おいおい、流石に陰気すぎるだろう!」
「はぁ、楽しい人生だったわ……」
 
 やっぱり俺、マニック派かも。
 ディメンシアの住人第一号から、もう嫌な予感がしまくりだ。
 やっぱこちらがわの世界には、こんなのばかり居るのかね?
 これだと「にーにーにーアルゴニアン」の方が、まだマシだ。
 
「お願い、私のために薬を見つけてきてもらえないかしら?」
「治す薬があるのか? シンデリオンの作ったエリクサーとか、リエセリで見つけた神聖な水とか?」
「私を治せる薬が手に入るのは、ねじれ窟――ノッティー・ブランブルよ。地図だとここだわ」
「ずっと南だね」
「ここの最下層に、奇跡の水が湧き出ているの。言い伝えでは古い像の周りにね」
「覚えておいて、そのうち立ち寄ってあげるよ」
 
 ディメンシアは、いずれ隅々まで探索する。
 そのうち、そのノッティー・ブランブルにも立ち寄るとしよう。
 この人がそれまでに生きていれば――だけどね。
 
 

「ふぅ、陰気なところだな」
「あなたは陰気より陽気が好きそうね」
「にーにーにーにーにー……」
「陰気に狂わないでよ」
 
 なんか俺、双方の影響を受けてたちが悪いような気がする。
 うつむいてトボトボと歩きながら、にーにーつぶやく……
 
 こわっ!
 
 

 次に立ち寄ったのは、お探し物商店。つまり、なんでも屋というわけだ。
 店主はテムテムかな?
 黄金の剣や、炎魔獣の設計図、魔獣族の情報などを売っているのかな?
 

 店主はカジートの女性でしたとさ。
 さて、この世界のアルゴニアンは妙な奴が多かったが、カジートはどうでしょうか?
 
「ちょうどいい所に来たわ! 災厄と戦うのを手伝って欲しいの」
「ク=シャーラの予言系でしたか……(。-`ω´-)」
 
 そうだった、カジートはこういう面もあるのだった。
 
 店主のアジャズダは、災厄の到来を信じており、その為に備えなければならないと言ってきた。
 とりあえずシェオゴラスを黙らせていたら、災厄の七割は防げると思うけどね。
 そしてその災厄を乗り越えるために、いくつかの物資が必要なのだそうだ。
 崩壊のアミュレットに、乾きの指輪、そして沈静のズボンを探しているというのだ。
 アミュレットとか指輪はまだ「おまじない」の雰囲気があるが、スボンねぇ……
 
 とりあえず、この店でも見たことのない錬金素材を買っておいたりする。
 
 
「君は災厄って信じるかい?」
「そんなのただの思い込みよ。災厄のせいにする前に、立ち塞がる困難を力でねじ伏せなくちゃ」
「なんというか、君らしいな」
 
 なんとなく緑娘に災厄について聞いてみたが、ある程度予想通りの返事が返ってきた。
 羊に毒を与えて始末する災厄だけは、本気で抵抗するだろうな。
 
 

 武器屋とか民家とかは置いといて、次に気になった施設はここだ。
 奇異な物、すなわち珍品を扱った博物館である。
 こういった施設は、これまでお目にかかったことは無いですな。
 

「ようこそ、奇異の博物館へ。私は館長の、ウナ・アーミナです。あら、お知り合い?」
「いや、初めてですよ」
「そなた……、そなたには見覚えがある」
「ユリエル・セプティムですか?」
 
 なんだかデジャヴを感じるような物言いをされてしまった。
 結局のところは気のせいだったけどね。
 
 ウナは、いつも新しい展示物を探しているらしく、珍しいものを見つけたらぜひ見せて欲しいと言ってきた。
 なんだろう、シェオゴラスの形をした琥珀とか、ディンの遺灰とかが欲しいのかな?
 
「初めてでしたら、博物館の見学ツアーはいかが?」
「折角だから見ていくか。ミソニア行くぞ」
「またミドリムスメと言いそうになる!」
 
 こうして、初の博物館体験、どんなものが展示されているか見て回ることになったのである。
 
 

「ごらんなさい、目を凝らすとちっちゃなドクロが見えるでしょう? グルマイトに食い尽くされるまで戦慄の島に住んでいた小人族よ」
「ボズマーのことですか?」
「いえ、もっとちっちゃいわ。かわいそうに……」
「なんだろう、森の木陰でドンジャラホイかな? それともピコットさん?」
 
 広い棚に、握りこぶし大の頭蓋骨が一つ。
 幸運をもたらす干した首みたいだね。
 
 

「これはゲートキーパーの腕よ。かわいそうに、この子は誰かに殺されて――あなたも認める奇異でしょう?」
「認めないぞ(。-`ω´-)」
「伝書バトの手紙を読みましたよ」
「認めません(。-`ω´-)」
 
 この館長は嘘をついている。
 俺がゲートキーパーを退治したと言いたげな視線を向けてくるが、俺が退治したゲートキーパーの腕はこんなではなかった。
 巨大な剣が生えている感じで、こんな斧など付いていなかった。
 だれか知らない人が、ずいぶん昔に退治したゲートキーパーだろう。
 
 

「そしてこれは乾燥の指輪よ。水上歩行と水中呼吸が同時にできるの。変でしょう?」
「確かに変だな。矛盾みたいな感じだね」
「ツアーは以上よ、お楽しみ頂けたかしら? 自由にゆっくり見ていってね」
「たった三つの珍品かよ」
「だからこそ、珍しいものを見つけてきて欲しいのよ」
 
 博物館とはすごいなとワクワクした俺が大袈裟だった。
 こんなの個人の収集家みたいなものじゃないか。
 こんなんなら、俺の集めたデイドラ製品の方が、質も数も上だね。
 ワバジャックとか飾る?
 
 
「ねぇあなた?」
「なんぞ?」
 

 ウナが立ち去った後、緑娘が俺に聞いてきた。
 
「さっきの災厄のカジート、乾燥の指輪を欲しがっていたじゃないの」
「ああそういえばそんな話もあったな」
「これを持っていってあげたら、助けてあげるんじゃないかしら?」
「うむ、アジャズダは助かるかもしれんが、ウナは困るぞ」
「後でカジートからもスリ取って、琥珀とか遺灰と一緒にどさくさに紛れて返せば良いと思うの」
「俺にどろぼうさんをやれと?」
「何よ、グレイ・フォックスのくせに」
「……(。-`ω´-)」
 
 嫌なことを思い出されると同時に、グレイカウルを破壊することでグレイ・フォックスが伝説となったことを認識した。
 あのカウルを被った間だけ俺はグレイ・フォックスとなり、その正体はバレないはずであった。
 それがバレたということは、カウルの神通力も潰えたということなの――だろう。
 
 そんなわけで、今までのように緑娘に陽動作戦を実行してもらい、その隙に指輪を盗み出すこととなった。
 

「キャー! どちかん!」
「なんですか! 博物館ではお静かに!」
「あなたさっきあたしのお尻触った!」
「何をそんな人聞きの悪い!」
 
「…………(。-`ω´-)」
 
 緑娘は、相手が女性でも陽動作戦で引き付ける時は「どちかん」なのな。
 そんな煽情的な格好しているから、お尻を触られるのだよ。
 いや、この場合は明らかに冤罪――というか単なるでっち上げ事件だけどな!
 
 
 こうして、アジャズダに依頼された乾燥の指輪を手に入れたのであった。
 出会いのその日からだな――ってこれは歓送の歌だ。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記