home > 投稿 > > エブロッカの砦にて ~火葬場とディンの灰~

エブロッカの砦にて ~火葬場とディンの灰~

 
 さて、エリトラをミリリに届けて身軽になったので、改めて見つけた遺跡を探索することにした。
 ミリリの話では、「エブロッカの砦」という名前らしく、主に遺体を火葬して、その遺骨を集めた納骨堂としての役割を持っているらしい。
 

 ハイクロスの町から見て、ぐるりと回ったところに砦の入り口はある。
 まるで侵入者を始末する任務を帯びているかのごとく、スケイロンがこちらに駆け寄ってくるが、接近される前に霊峰の指一発で終わらせるのであった。
 

「なんだかゲートキーパーみたいなのが倒れているな」
「つまり、ここに死霊術師が居るのね」
 
 かつて遺体を火葬して、遺骨を集めていた納骨堂。
 つまり、ここには多くの遺体が運び込まれたわけで――
 
 まさかな……?(。-`ω´-)
 
 ちなみにこのちっちゃいゲートキーパー、ヴォイド・エッセンスなる赤い宝石を持っていた。
 素材かただの宝石かわからんけど、珍しい物は一応回収しておく。
 ――と思ったけど、ミリリから受け取っている錬金素材のメモに、しっかりと書かれていたりして。
 
 

「ちょっと待って」
「なんぞ?」
「ここにはあたしと一緒に冒険できる以外の宝はあるんでしょうね?」
「ある。もしも死霊術師が住み着いているのだとしたら、どうする?」
「東部連峰で羊さんを皆殺しにした罪は許せない!」
 
 そう言えばそんなことは――無かったか。
 あの時は山賊が羊肉を集める名目で、東部山脈農場で飼われていた羊を皆殺しにしたことがあった。
 それを知った緑娘はすごく怒ったものだが、それを死霊術師の責任ということにして、緑娘の死霊術師に対する憎悪を煽ったっけ。
 
 実は山賊でした、などといまさらネタばらしするのもあまり意味が無いので、そのまま死霊術師がやったことにしている。
 まぁ死霊術師は良くない連中なので、緑娘の敵意を買っておかせるのも悪くないだろう。
 
 
 遺跡の中は、遺体を集めて納骨堂になったという経緯もあり、やたらと骨が散らばっている。
 棺桶が立てかけられているのは、ここに棺桶を持ちこんで、中身の遺体を火葬にしたってことだろうね。
 

「俺がこの中で寝るって言ったらどうする?」
「吸血鬼って呼んであげるわ。ただし、邪な土を敷き詰めてから寝てね」
「ここは火葬場らしいが、君はどういった埋葬を望む?」
 
 ――などと質問してから、今頃リリィは向こうの世界における緑娘の遺体を埋葬したのかな、などと考えたりした。
 
「そうねぇ、棺を担いでみんなで歌い踊りながら墓地まで運んでもらいたいわ」
「なんやそれ」
「忘れたの? ああ、覚えてないのね。あたしたちの生まれた村では、よく生きてよく働いて、ご苦労さんって言われて死ぬのはめでたいって言われていたわ」
「子供や若い者が死んでも?」
「それはいけない、めでたいとは言えないわ」
「そうか……(。-`ω´-)」
 
 どっちにせよ、めでたくはなかったわけだ。
 

 こういう所も火葬場らしいといったところか?
 観察者の目という謎の錬金素材らしきものがあるので頂いておく。
 遺跡のどこにも棺だらけだ。
 

 奥の間は、床が開閉する罠になっていて先に進めない。
 下を見ると、地面から無数の針が突き出ているのがわかる。
 つまり、飛び降りると串刺しになってしまい、さようならってわけだ。
 

 それ以外と言えば、剣や盾の置いてある武器庫のような場所だった。
 と言っても、盾四つに剣が一本だけ。後はチェストにいくつかの薬が入っているのみ。
 盾が多いのが妙だ、防御しか考えていないのかな?
 

「というわけで、盾を構えてみたぞ」
「大きすぎて、こっちが見えてないでしょ?」
「君は何でいつも俺の装備に否定的なんだよ」
「だって似合わないんだもん。それよりもそこにあるスイッチ押しなさいよ」
 
 どうせ俺は魔術師ですよ、と。
 無骨な装備は戦士に任せたらいいんだ。元戦士ギルドのマスター緑娘とかさ。
 ――とまぁ緑娘の指摘した通り、盾に隠されていたがその下にスイッチがあったりするのだ。
 
「これを押したら、天井が崩れてきたらどうする?」
「避けるから大丈夫。それよりも、向こうのトラップが止まると思うわ」
「なるほど、奥に進めるようになるわけだな」
 
 俺はスイッチを押してみた。
 グオゴゴゴと、近くから重たい石が動くような音が、部屋に響き渡る。
 

「ところでこの盾だが――」
「なんだか通路が開いたわ。行ってみましょうよ」
「盾は?」
「要らない。円盤みたいに投げてしまいなさいよ」
 
 まぁ実のところ、俺も要らんのでその辺に放りだして、新たに表れた扉の先へと進んでみることにした。
 
 
 扉の奥は、武器庫よりも広い部屋になっていて、大きな斧を構えた骨が、こちらに襲い掛かってくるところだった。
 

 針を骨の隙間に突っ込んでしまっては意味が無い。
 しかし緑娘は、頭蓋骨を貫くように蹴り刺すのであった。
 これで骨も緑娘の敵ではない。
 あとは実体を持たないゴーストとか、軟体動物のスライムが難敵と言ったところか?
 
「火葬場のブレゴールを退治したわ」
「ただの骨に、勝手に名前を付けるな」
 
 さて、この部屋の住民は他には居なさそうなので、落ち着いて周囲を見回す。
 

 テーブルの上に、鍵と宝石、そして火葬の方法を書かれた書類が一通。
 内容は、タイトルそのまんま火葬の方法で、装備とか関係なしに、容器に遺体を入れてスイッチを押すだけだという。
 思ったより簡単なのだな、火葬とやらは。
 

 テーブルの隣にある棚やテーブルには、無数の壺が置いてある。
 そして、中には遺灰が詰まっいるのであった。
 
「何遺灰を集めているのよ」
「遺灰も錬金素材になるんだよ」
「あ、そうなの」
 
 基本的に「死灰」というものが詰まっている。
 しかし、壺の一つにだけ「ディン」と名前が彫られていたりするのだ。
 なんだろう? ディンの遺灰かな? ディンってだろだろうね?
 アリクイが大きくなれば、オオアリクイ。ディンが大きくなったらオーディンかな?
 アリクイがお化けになればオバケアリクイ。ディンがお化けになればオバケディン。
 そしてアリクイを火葬したら、アリクイの遺灰が残り、ディンを火葬したら、ディンの遺灰が残るといった寸法か。
 アリクイを例に出した意図は、無い。
 

 部屋の一角に、鉄格子の向こうに置かれた箱があったりする。
 書類に書かれていた容器かな?
 試しに骨や要らない道具を中に入れて、扉の傍にあるスイッチを押してみる。
 

 ん、全部灰と化しましたとさ。
 
「さて、他に見るべきものも無いし、そろそろ引き上げるか。
「で、お宝は何かしら?」
「ディンの遺灰……」
「知らない人の遺灰を集めて何になるのよ」
「錬金素材……」
 
 形勢は不利だが、ミリリのために素材を集めてあげたということにして、緑娘の追及を避けるのであった。
 

 元来た道を戻ると、どのスイッチと連動していたのか知らないが、別の部屋が開いていたりする。
 そこに置かれている物は――牢屋?
 
「俺がそこに入ってみたいと言えば、どうする?」
「入ってみなさいよ」
 
 普通の反応だな。
 自分から牢屋に入りたいなんて変、などと言ってくると思ったものだがな。
 そんな反応をされたら仕方がないので、牢屋の中に入ってみたのだ。
 

「えーと、そこに座り込まれたら、出られないのですがー」
「罪人は大人しく、その中で服役しなさい」
「……(。-`ω´-)」
 
 やはり遺灰しか手に入らなかった探検に、緑娘はご立腹のようであった。
 
 
 おしまい。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記