home > 投稿 > > 最後の仕事その3 ~魔術師大学にて~

最後の仕事その3 ~魔術師大学にて~

 
 さて、いよいよ本当の最後の仕事がやってきた。
 帝都インペリアルシティでは、大きく分けてやることが二つある。
 
 一つは、リリィにアークメイジの座を譲って、魔術師ギルドの後を託すこと。
 そしてもう一つは、オカトー大議長に、俺は皇帝の座に就くことはできないと断って、彼にシロディールの後を託すこと。
 
 これら二つの仕事が終われば、俺は後腐れなくシロディールを去ることができる。
 ま、立つ鳥跡を濁さずってこった。
 
 おっと、もう一つ仕事があったな。
 緑娘の衣装を回収することと、マシウや彼の母の衣装を入手することだ。
 
 

 まずは商業地区にて、服を買うところから始めようと思ったが……
 
 ん~、シロディールのファッションセンスがわからん(。-`ω´-)
 なんだかずっと緑娘ばかり見ていた気がするので、アレが普通――なわけないけど、アレが基準になっとるような気がする。
 
 とりあえず、服屋の店主に聞いてみよう。
 

「えーと、お母さんにプレゼントしたいのですが、どういったものがお勧めでしょうか?」
 
 この問い方は間違っていないはずだ。
 俺の母親ではないが、マシウの母親に与えるものだからな。
 
 
 服屋で普段着を購入した後、リリィに最後の挨拶をするために魔術師大学へと向かった。
 
 
 
「リリィさん!」
「なんでしょう、アークメイジ。マシューの推薦状集めに行くと言ってましたが、もう終わったのですか?」
「ある意味、終わりました」
「そうですか」
 

 リリィの研究所、オゥム・クォート・オゥムにて――
 
 う~ん、いざってなると言い出しにくい――のかな?
 戦士ギルドの時と違って、ここでは俺が大将だからな。
 我ながら責任感というか、何というか……。無責任に放置して立ち去れたら、どれだけ楽だろうか……
 
 ん~仕方がない、二番煎じで行くか……(。-`ω´-)
 
「リリィさん!」
「どうしたのですか?」
「私が絶対的な信頼を置いているリリィさんになら、ギルドを任せられる」
「そうですか」
「私が去った後、リリィさんはアークメイジとして、ギルドの指導者として認められるだろう」
「――?」
「魔術師たちの兄弟たちを、正しき道へ導いてくれ。未来は君の双肩に懸かっておる。達者でな、我が友よ」
 
 
 それだけ言うと、俺はアークメイジの私室へと向かった。
 先代アークメイジ、ハンニバル・トラーベンと同じことを言っているだけじゃんって言うなよ?
 それしか思いつかないのだから、仕方がない。
 俺は記憶を頼りに、彼から言われたことをそのままリリィに伝えただけなんだ。
 
 そう言えば、マニマルコを退治した後で大学に戻った時、ラミナスから正式に辞令を受け取ったかな。
 彼は、「トラーベンから覚書を受け取っていた」と言っていた。
 リリィを後任として指名する旨を記した手紙でも渡しておけば、あとは人事担当のラミナスが、全部やってくれるだろう。
 
 

 やっぱり、死んでいるよなぁ……
 
 
 数時間前の出来事が、まるで夢のようだ。
 
 戦慄の島では、緑娘は生きていた。
 しかしここにあるのは、物言わぬ骸だけなのだ。
 
 

 緑娘の衣装を回収する前に、ラミナス宛ての手紙を書いておく。
 え~と――アークメイジだから、退職ではなくて辞職かな?
 
 内容は――
 
  
『アルケイン大学御中 私事 この度、一身上の都合により、アークメイジを辞職することをここに通知いたします』
 
 
 こんな書き出しで大丈夫かな?
 この世界の、日付分からないし……
 サンダスとか、精々週の概念があるぐらいしか知らないからなぁ。
 あと通称魔術師大学だが、その本当の名前はアルケイン大学だったはずだ。
 
 
『後任は、マスターウィザードのリリィ・ウィスパーズを推薦します』
 
 
 確かリリィのフルネームはこうだったはずだ。
 あと、マスターウィザードに昇進させた記憶があるから、そのままスライドしてアークメイジにするのも無理は無かろう。
 単独でオブリビオンゲートを閉じることもできる実力もあることだし、問題ないはず。
 
 
『かしこ』
 
 
 待てよ――?
 かしこって女の人しか使わないのではなかっただろうか?(。-`ω´-)
 ――ってかこれ、手紙じゃねーし!
 
 えっと、本来なら大将であるアークメイジ宛てに書くところだが、大学のトップである俺がアークメイジの場合はどうすれば良いのだろうか?
 ひょっとして辞表じゃなくて、引退?
 それともリリィにその地位を譲るための、勇退?
 
 なんだかよくわからなくなってきたので、「かしこ」の部分を消して、自分の名前を署名しておいた。
 これで全部終わりだ、後はリリィとラミナスの二人でなんとかしてくれ。
 俺は緑娘の生きる世界へ向かうから。
 
 

 次に、緑娘の遺体から衣装を剥ぎ取る。
 さらにリボンをほどいて、そちらも回収する。
 えっと、靴――実際には武器だけど、ニードルヒールはベッドの下に置いてあったはずだ。
 後はマシウの服は樽の中に入れていたかな。
 脱がせた後に下着姿で寝かせておくのもアレなので、とりあえず一般的な魔術師のローブを着せておいた。
 こうして見ると、緑娘も髪の色が独特なだけで普通の娘なのだがな。
 いつも着ていた服、つまり俺が今持っているこの服がアカンのや。
 まあでもこれが着たいと言うのなら、持っていってやるけどね。
 
 

 よし、これでこのアークメイジの私室ともおさらばだ。
 思い残すことは、何もない。
 
 

「ラミナスさんっ!」
「おお、アークメイジよ。マシウの推薦状は揃いましたかな?」
「ん~、まだですね。それよりも、これを受け取ってください」
「何かの書状ですかな?」
「大事な覚書です。後はよろしくお願いしますということで」
「――? ああ、受け取っておこう」
 
 
 以上、なんだか駆け足で終わらせた感もぬぐえないが、俺の魔術師ギルドでの最後の仕事は終わった。
 あとはオカトー大議長に、皇帝の座には就けない意思を表明したら、全て完了だな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記