home > 投稿 > > ダーク・ブラザーフッド ~闇の一党の勧誘~

ダーク・ブラザーフッド ~闇の一党の勧誘~

 
 ダイビングロック――
 かつて緑娘と一緒に、ウダーフリクトと戦ったことがある。
 そして突き出た岩にはテントがあり、その近くに不動なるアグナーの手記が置かれていたのを覚えている。
 

 俺がその場所に到着したとき、マグリールがその手記を手にするところであった。
 その手記はアグナーの日記。モローウィンドの地からウダーフリクトを追ってきて、返り討ちに合うまでが書かれている。
 ウダーフリクトの体内からは、アグナーの妻の遺体が出てきたりしたのも良い思い出だ。
 なにしろあの時は、傍に緑娘が居てくれたからな……
 

 死ね――!
 
 あんたに罪は無いが、罪が無いからこそ、死ね。
 文句があるなら、いずれ死後の世界で聞こう。
 今は黙って、復讐戦の礎となれ。
 
 こうして俺は、マグリールを殺して初めての罪も無い人間を殺すこととなった。
 しかし、もしも闇の一党が接触してきて組織に潜入するとなれば、この先多くの罪も無い人間が殺されることとなるだろう。
 そうなれば、マグリールはその中の一人でしかなくなるのだ。
 
 俺は聞いたことがある。
 一人を殺せばただの人殺しだが、多くを殺せば英雄だと――
 

 そんなことを考えながら、俺は待った。
 闇の一党が接触してくるのを……
 
 
 ………
 ……
 …
 
 
「人殺しにしてはぐっすり眠るのだな、結構」
 

 気が付くと眠っていたようで、誰かに肩を揺すられた俺は、目を覚ました。
 
「これから提案することを、晴れ渡った心で聞くといい」
 
 俺は黙ったままでいた。こいつらと親しくするつもりは無い。
 それに今は手を出さない。こいつ一人を倒したところで意味は無い。
 盗賊ギルドの時と同じ、内部に潜入して一網打尽にしなければならないからな。
 
「そうして沈黙を好むのか? 私もだ、親愛なる子よ。沈黙とは、死のシンフォニー、シシス自身によるオーケストラのためにあるのではないか?」
 
 彼の名前は、ルシエン・ラチャンス。
 闇の信徒からスピーカーとして俺の元にやってきたと言う。
 そしてその言葉は、ナイト・マザーの意思だと言ってきた。
 
 本当に闇の一党は存在したんだ……
 
 ナイト・マザーはずっと俺を見ていて、人を殺すところを見つめ、哀れみや後悔も無く命を絶ったことを称賛したそうだ。
 当然だろう、これは復讐の一環なのだから、哀れみも後悔もない。
 それを感じるのは、復讐を成就した後で十分だ。
 
 そしてルシエンは、ある特殊な家族に加わるための機械について提案してきた。
 俺は何も答えず、感情も極力顔に出さないようにしてルシエンを見つめていた。
 彼は、どうやらこの俺が、シロディールの英雄でもアークメイジであることも気がついていないようだ。
 
「では良く聞くのだ。緑の道からブラヴィルの北に向かうところに、イル・オーメンという宿がある」
 
 その宿なら知っている。
 以前訪れたことがあって、何か地下に住んでいたルフィオというじいさんが、俺を見て怯えていたっけ?
 その宿に何があるというのだろうか?
 
「お前はそこでルフィオという名の男に出会うだろう」
 
 既に会ったことはある。
 
「彼を殺せ」
 
 …………なるほど、確かに暗殺者集団だな。
 
 理由とかそういうものはない。盗賊ギルドが盗むのを目的としたギルドなら、この闇の一党は殺すことを目的としたギルドなのだ。
 これは盗賊ギルド以上に潰しておかなければならない組織だな。
 
 俺が黙ったままでいると、ルシエンは一人言葉を続けた。
 
「それで闇の一党への加入の儀は完了となる」
 
 罪亡き人を一人殺して接触を図り、さらに一人殺すことで仲間入りか。
 一度は偶然やってしまった可能性もあるが、二度目は自分の意思で殺すということだろう。
 もっとも俺は、最初からお前らに接触することで殺しを働いたのだがな。
 

「事を終え、次にお前が安全とみなせる場所で眠りに付けば、再びお前の前に姿を現すだろう。新たなる家族に対する親愛の態度でな」
 
 そう言い残すと、ルシエンはダイビングロックのテント前から立ち去り、何処かへ消えたのであった。
 
 緑娘よ、見つけたよ。
 君の仇を……
 きっと奴らを壊滅させて、君の恨みを晴らしてあげるさ。
 闇の一党の末端から上層部まで、全て消し去ってみせるさ。
 だから、もう少し待っていてくれ。
 この仕事が終わったら、君の近くへ行ってもよいのだからな……
 
 
 ………
 ……
 …
 
 

 翌朝、昨日までとは違う世界が俺の前に広がっていた。
 
 陰鬱で薄暗い世界が――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記