home > 投稿 > > 鹿探し ~狙われたパンダさん~

鹿探し ~狙われたパンダさん~

 
「ダケイルさん、白い鹿はどこに出ていますか?」
「見える、見えるぞよ。ここから少し北に行ったブランケン・マーチ辺りに反応が出ておる」
「ブランケンマーチ?」
「ウォーターズ・エッジの対岸側にある、小さな集落じゃ」
 
 ダゲイルさんの予言では、動物園最後の行方不明である白鹿は、ブランケン・マーチというところに居るらしい。
 
「ところでアークメイジよ、新たな予言が下っておるのだが?」
「それはオブリビオンの脅威が過ぎた後に対応します」
「それに関することである。オブリビオン・ゲートを三つ以上閉じたら、私が神秘魔法のトレーニングをして差し上げるであろう」
「それ、予言じゃなくてダゲイルさんが決めたことですよね? というか、俺既にゲート五つ閉じてますよ」
「ではトレーニングを開始しよう」
「急いでいるので、また今度!」
 

 というわけで、行きの対岸にある街道を通って、帝都に戻りますか。
 
「ブランケン・マーチって、フンガーフンガー言ってそうな村ね」
「そこ、大勢の人が勘違いするポイントな。博士の名前とモンスターの名前を混同しておる」
 
 エルスウェアから帰還したときの大移動が、再び始まった。
 らむたんサーカス団の再来で、ある。
 

 そして、小さな集落発見。ブランケン・マーチだ。
 ん、確かに白い生き物が紛れ込んでいるね。
 

「その白鹿、引き取りに参りました」
「おお、丁度よかった。突然村に飛び込んできて、暴れまわって困っていたところだ」
「オブリビオン・ゲートにやられて、恐慌状態だったからねぇ……」
 
 頭がマゾーガ卿そっくりなオークが、白鹿を確保していた――というより、紛れ込んできて困っていたというべきか。
 
 こうして、あっさりと白鹿を回収できたのであった。
 シマウマの時みたいに、デイドラに襲われてなくてよかったというものだ。
 さて、これで後は帝都に戻って――
 
「やだ! やだ! 離してよーっ! これミーシャの! 取っちゃだめーっ!」
「いやいやいやいや、これはオラのもんだーっ!」
 
 突然ミーシャの悲鳴が、小さな村に響き渡る。
 何事だ?!
 

 振り返ると、そこにはぬいぐるみのパンダさんを巡る攻防が展開されていた。
 何をやっているのだ?! って誰だあいつは?!
 

 またアイツか……(。-`ω´-)
 
 そうか、あれから数週間。
 ぬいぐるみ泥棒程度では、もう出所したのな……
 こいつはこの辺りをうろうろしているということか。迷惑な奴だなぁ。
 ミーシャのぬいぐるみを奪う以外の悪さはしないので、衛兵には放置されがちだが、ミーシャにとってはとんでもない奴だ。
 
「やだやだっ! パンダさん取っちゃダメーっ!」
「オラのパンダさんを奪ったのは、お前の方だー!」
「なんでそうなるのよーっ!」
「返せ! オラのパンダさんを返せーっ!」
「ふえ~んっ!」
 
 なぜこのガキオヤジは、こんなに自信満々でぬいぐるみの所有を主張するのだろうか。
 本当にこのガキオヤジが、正当なぬいぐるみの所有者で、ミーシャが奪ったとなると……
 ――ありえないよな。
 よく見たらこのガキオヤジ、グラアシア人だった。う~む……、やっぱこの一族には、頭のおかしいのが偏っているな……(。-`ω´-)
 

「きんもいんじゃこの変態オヤジ!!」
「たわぱっ!」
 
 ま、そうなるわなぁ。
 まるで前回の時と同じような展開。
 デイドラの侵攻だけでなく、ぬいぐるみ泥棒の襲撃にも備えなければならない。
 ミーシャも気の毒なこったw
 

「井戸の蓋開けて、落としてやる!」
「まあそういきり立つな。帝都に連れて行ったら、ミーシャもこんな奴に付き纏われなくて済むってもんだ」
「牢屋に入れてよ!」
「レヤウィンの牢屋より、帝都の牢屋の方が堅牢だからな。帝都でやられたら捕まえてやればよい」
 
 このままでは、ぬいぐるみ泥棒をぶっ殺しかねない緑娘を、なんとかなだめて先へ急ごうとする。
 とは言うものも、パン一個盗んだだけで、「血で購ってもらおう!」と本気で殺しにかかる衛兵もいるからなぁ。
 軽犯罪は命がけで対応するのに、シロディールの脅威に対しては完全スルー。
 改めて、帝国の衛兵に対する役立たずさを呪う俺であった。
 
 

 さて、気を取り直して、帝都への旅を再開。
 どうしてこんなに羊が居るのだろうねぇ……
 ――などと、久々に広い馬の背を堪能するのであった。
 

 はい、オブリビオン・ゲート発見。
 現在放置しているゲート、八つに到達。もう全部閉じるのは諦めようかな?
 王者のアミュレットを奪還したら、まとめて全部閉じてくれたらいいのだけどね。
 

 豹の口付近の橋近くにもゲートを発見。九つ目!
 ちなみにこの橋の下には、トロールが溺れ死んでいて、謎の手紙をしたためていたりする。
 謎の手紙が気になるか?
 

 ほれ、これんがそうだ。トロールも文字が書けるという驚きの事実だったさ。
 
 

 帝都の近くへ戻ってきたところで、さらにゲートを発見。十個目!
 位置的にクロップスフォードが危ないが、後回しにしても――大丈夫かな?
 どっちにせよ、まずはこいつらを帝都に届けてから行動だ。
 

 しかし、帝都南にある長い橋を渡っているときに、それを発見した。
 まずいな、魔術師大学のすぐ南にゲートができている。
 リリィさんが移動したので、それを狙って沸いて来たとでも言うのだろうか?
 あれだけはさっさと閉じておこうと考えた。
 

 以上、一日かけての行軍は終わり。
 次の行動は、どれからやるべきだろうかな?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記