home > 投稿 > > アーダルジの家宝 後編 ~盗人猛々しいとはこのことだな~

アーダルジの家宝 後編 ~盗人猛々しいとはこのことだな~

 
 ウェルケというアイレイドの遺跡から戻ってきたとき、既に夜になっていた。
 ミーシャを魔術師ギルドに送り、緑娘をレヤウィンの自宅に待機させて、いよいよアーダルジの家宝――アレッシア・カロの指輪を盗んだものだが――を取りに行くことになった。
 

 しかし指輪はレヤウィンの伯爵夫人アレッシア・カロのもの。元々の所有者の場所に戻ったのだが、再び盗み出さないとならなくなってしまった。
 いつも身に付けていて手放さないとのことだが、入浴と就寝の時には宝石箱に入れているらしい。
 伯爵夫人の部屋へと通じる通路は警備が厳しいが、地下室と私室を結ぶ秘密の通路かあるという話だ。
 そこで早速城に入り地下室を探し出し、秘密の通路経由で伯爵夫人の部屋へと忍び込みますか。
 

 マリアス・カロ伯爵は食堂で食事中だった。夫人の方は見当たらない、入浴かな?
 しかしこの部屋は嫌な思い出がある。
 くれぐれも言っておくが、悪いのはサングインだからな!
 

 レヤウィンの城には、大広間から繋がる扉がそれほど多くないので、地下室はすぐに見つかった。
 倉庫になっているようだが、ここに秘密の通路があるというのだろうか?
 アンヴィルの自宅にあったような魔方陣は無い。壁を叩いて回るが、それらしき所も無い。
 

 しかし樽の中に、怪しげなレバーがあるのを発見した。
 樽の中にレバーを片付けているのか、それともレバーを樽で隠しているのか……
 
 どっちにせよ動かせば解るね。
 

 レバーを動かしてみると、すぐ傍の壁が開いたのだった。
 なるほど、これぞ隠し通路だね。存在は伯爵夫人アレッシアしか知らないのかな?
 
 しかし、この隠し通路を進んでいくと、かなりヤバイ場所に出くわしてしまったのだ。
 

 これってもしや?
 これが噂の拷問部屋か?
 机には血がべっとり、周囲には観客席のようなものもある。
 伯爵夫人アレッシアは裏でこんなことをやっているのか? 悪趣味だな……
 

 拷問部屋を通り過ぎて進んでいくと、今度は別の地下倉庫へと繋がっていた。
 伯爵夫人の部屋へ入ったのかな?
 ここからは慎重に行動だ。
 

 地下倉庫から出ると、そこは大きな部屋だった。伯爵夫人の部屋の部屋だろうな。
 部屋の中は人気は無い、衛兵も部屋の中まで警備していないわけだ。
 しかし伯爵夫人が居るかもしれないので、こっそりと移動する。
 まぁいざとなったら透明化の魔法で隠れるけどねっ
 

 寝室へ到着。
 誰も居ないと言うことは、伯爵夫人は今は入浴中か。
 指輪は宝石箱のなかに入れてあると聞いていたので、宝石箱を探すことにした。
 

 そして、それらしきものはベッドの傍においてあった。
 かなり頑丈な鍵がかかっているが、不壊のピックがあるからあまり問題はない。
 

 ん、指輪発見。どろぼうさん完了。
 しかし一緒に入っていた古代の巻物の予言というものも気になる。
 少し読んでみよう。
 

 エルダースクロール?
 古代の巻物、言われてみたらそうとも読めるな。星霜の書とも呼ぶらしいが、俺は知らない。
 とりあえず気にせず引き返すか。伯爵夫人が戻ってくるところと鉢合わせしても困るからな。
 あ、緑仮面被ってきたらよかった。それなら悪い奴は緑仮面だということに、なる。
 
 ……ならんか(。-`ω´-)
 
 まあいいや、あとはアーダルジに指輪を渡して終了だ。
 しかしいかんな、これは本格的などろぼうさんになっとる。
 でも仕方ないよな?! な?!
 グレイ・フォックスに近づくための手段なのだ、仕方ない仕方ない。
 
 
 ………
 ……
 …
 
 

「指輪持ってきたよ」
「あたしの指輪! クラン・マザーの爪のおかげだよ、取り戻してくれたんだね」
「いや、それはあんたのじゃなくて伯爵夫人のもの……(。-`ω´-)」
「あの汚らわしいアルゴニアンは死んだ?」
「死んだよ(ということにしておこうw)」
「これが報酬の200Gだよ。盗賊ギルドはあたしの最愛の夫にいつも良くしてくれたね。あの人のしたことが未だに称えられていることに感謝、感謝」
「まぁいずれ全員一網打尽で逮捕――っとなんでもないよ、なんでもない」
 
 盗人猛々しいとはまさにこのことだね。
 明らかに伯爵夫人の指輪なのに、こいつは「あたしの指輪」などとほざいている。
 
 まあよい。
 
 グレイ・フォックスを見つけ出して捕まえたら、お前もついでに逮捕してやるよっと。
 
 ………
 ……
 …
 
 レヤウィンの自宅に戻ってみると、そこでは不思議な光景が繰り広げられていた。
 

「えっと、なんぞ?」
「ミーシャちゃんに教えてもらった遊びよ。こうして三つのリンゴをクルクルと――」
「器用なのか何なのかよくわからんな(。-`ω´-)」
 
 緑娘は、三つのリンゴを代わる代わるに放り投げて、クルクル回している。
 なんだかよく分からないが、暇つぶしにはなるのだそうな。楽しそうなこって、よいことです。
 
 

 というわけで、今回の任務は終了。
 それではおやすみ――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記